40代50代ファッション PR

【顔合わせ母親の服装】50代ぽっちゃり向けの選び方とコーデのコツ!

 

「顔合わせ母親の服装でぽっちゃり向けのコーデが知りたい」

 

顔合わせは第一印象が何よりも大切です。

特に、50代でぽっちゃり体型の母親として、どんな服を選べば良いのか、悩ましいですよね。

 

そういうわけで今回は、ぽっちゃり体型の方向けに、体型を美しく見せる服装の選び方からコーデのコツまで、具体的なアドバイスをご紹介します。

 

【顔合わせの服装】50代母親のカジュアルなユニクロはOK?おすすめを紹介結婚式やお祝いの場などで、新郎・新婦の親として初めて顔を合わせます。 このような特別な場面では、母親としての品格と華やかさを引き出す服装が求められますよね。 顔合わせ母親は、新しい家族との出会いを祝福する大切な役割を果たすため、上品さや好印象を与えるスタイルが重要です。...

 

50代母親顔合わせの服装のシチュエーション別コーデのポイント

 

50代母親顔合わせの服装のシチュエーション別コーデのポイントを表にまとめました。

 

場所/シチュエーション 服装のポイント
一般的なマナー 1. 両家のドレスコード(格)を合わせる。
2. 会場の雰囲気に合わせた服装にする。
3. 夫婦で服装の質や雰囲気を合わせる。
4. 控えめで落ち着きのあるカラーを選ぶ。
5. 子どもより目立つ服装は避ける。
6. 過度な露出は避ける。
7. アクセサリーで華やかさをプラス。
セレモニースーツ 定番の服装。
上質なセレモニースーツはシックでエレガントな雰囲気を出せる。
高級料亭 略礼装(カジュアルな結婚式や、2次会向きの服)でもOK。
和食の高級料亭の場合、タイトな服だと座敷で正座が大変。
ホテルの高級レストラン 落ち着いたカラーの控えめなドレスで、大人の魅力あふれるエレガントなドレスアップを目指す。
カジュアルレストラン 上品さやエレガントさを意識して、夫婦でまとまりのあるコーディネートにする。

 

顔合わせは、2家族が初めて正式に会う大切な場です。

一般的なマナーとして、まず両家のドレスコードを合わせることを心掛けましょう。

 

これは、お互いの尊重と調和を示すためです。

また、会場の雰囲気や格に応じて服装を選ぶことが必要があります。

 

例えば、高級料亭では、和風の略礼装が適しており、座敷の場合は正座がしやすい服装を心掛けます。

一方、ホテルの高級レストランでは、落ち着いたカラーのドレスで、大人のエレガンスと品格を演出するのがおすすめです。

 

セレモニースーツは、どんな場面でもミスしづらいシックでエレガントな選択になります。

カジュアルなレストランでも、品のある服装を選び、夫婦でのコーディネートを意識することで、お互いの絆や一体感をアピールできるでしょう。

 

全体的に、控えめなカラーやアクセサリー選びも大切なポイントです。

 

【顔合わせ母親の服装】50代ぽっちゃり体型をカバーする選び方

 

顔合わせの母親の服装でぽっちゃり体型をカバーする選び方は次の4つがポイントです。

  1. ダークな色を選ぶ
  2. 体のラインをきれいにみせる
  3.  シルエットにこだわる
  4. アクセントを上手に使う

 

ダークな色を選ぶ

 

一般的に、ダークな色は引き締め効果があり、体型をすっきり見せることができます。

特に、ネイビーやダークグリーンなどの深い色は、体型を美しく魅せるのに効果的。

 

ただし、全身を暗い色で固めると重たい印象になりがちなので、明るい色のアクセサリーや小物でバランスをとるのがポイントです。

 

 体のラインをきれいにみせる

 

ぽっちゃり体型の魅力は、その豊かな曲線にあります。

ですから、体のラインをきれいに見せることが大切。

 

でも、きつくて窮屈な服はNGです。

ゆったりとした服を選びがちですが、あまりにもダボダボだと体型をより大きく見せてしまいます。

 

ポイントは、体のラインに沿うけれども、締め付けない「ちょうど良いフィット感」を選ぶことです。

 

 シルエットにこだわる

 

縦のラインを強調することで、視覚的にスリムな印象を与えることができます。

たとえば、縦に流れるストライプのトップスや、前開きのロングカーディガンなどはおすすめ。

 

長めのネックレスをプラスするだけでも、すらりとしたイメージを作り出せます。

 

 アクセントを上手に使う

 

全体をまとめるポイントとして、アクセサリーや小物を上手に使いましょう。

たとえば、華やかなスカーフや大きめのイヤリングは、視線を顔周りに集め、スタイリング全体のバランスを整えてくれます。

 

ただし、大きすぎるアクセサリーは逆効果になることもあるので、バランス感覚を大切にしてくださいね。

 

【顔合わせ50代母親の服装】パンツスタイルはOK?おすすめを紹介!子どもが結婚する際におこなわれる両家顔合わせですが、頻繁にあるものではないので、服装に悩む方も多いのではないでしょうか。 中でも多いのが、スカートは苦手だからパンツスーツでも大丈夫なのか気になりますよね。...

 

【顔合わせ母親の服装】50代ぽっちゃりコーデのポイント

 

50代母親の顔合わせの服装におけるぽっちゃりコーデのポイントは次の3つになります。

  1. VネックやUネックのトップスの選択
  2. Aラインのワンピースやスカート
  3. 垂直のラインを強調する

 

VネックやUネックのトップスの選択

 

VネックやUネックのデザインは、首元を開けることで顔周りをスッキリと見せる効果があります。

特に、ぽっちゃり体型の方は、首やデコルテのラインを強調することで、上半身のボリュームを緩和し、バランスの良いシルエットを作ることができるでしょう。

 

また、バストラインを美しく見せる効果もあり、女性らしさを強調することができます。

色や素材にもこだわり、季節やシーンに合わせたアイテムを選ぶことで、より洗練された印象を与えることができます。

 

Vネックドルマンセットアップを見る» 

 

Aラインのワンピースやスカート

 

Aラインのデザインは、ウエストから広がるシルエットが特徴で、下半身のボリュームを上手くカバーしてくれます。

特に、ぽっちゃり体型の方が気になる太ももやヒップのラインを綺麗に見せることができるのが魅力です。

 

また、Aラインは動きが出るので、歩くたびに揺れる裾が女性らしさを引き立てます。

素材や色、柄を選ぶ際には、自分の体型や好みに合わせて、バランス良くコーディネートすることがポイントです。

 

大きいタック ワンピースお呼ばれ対応 4L/5L/6Lを見る» 

 

垂直のラインを強調する

 

垂直のラインを強調することで、視線を上下に導き、全体的にスリムに見せる効果があります。

ワントーンコーデや、ロングカーディガン、ロングネックレスなどは、この効果を最大限に引き出す効果が。

 

特に、ぽっちゃり体型の方は、横のラインよりも縦のラインを強調することで、体型のバランスを整えることができます。

また、コーディネートの中で縦のラインを何本も作ることで、さらにスリムな印象を与えることができるでしょう。

 

顔合わせ服装50代母親のアクセサリーの選び方!人気のおすすめを紹介!顔合わせのようなフォーマルな場でも、自然体で振る舞いたい50代の女性にはパンツスタイルは大きなメリットとなります。 近年のパンツデザインは、シルエットや素材感にこだわりが感じられ、エレガンスを失わないものが増えています。...

 

まとめ

 

【顔合わせ母親の服装】50代ぽっちゃり向けの選び方とコーデのコツをご紹介してきました。

 

顔合わせの母親の服装でぽっちゃり体型をカバーする選び方は次の4つがポイントです。

  1. ダークな色を選ぶ
  2. 体のラインをきれいにみせる
  3.  シルエットにこだわる
  4. アクセントを上手に使う

 

両家の顔合わせは、家族同士の大切な瞬間です。

母親にとって、自分らしいスタイルを保ちつつ、相手に好印象を与える服装の選び方はとても大切になります。

 

その場にふさわしい服装で臨むことは、自分自身の自信にも繋がり、自信を持って振る舞うことができるでしょう。

理想の服装を見つけ、体型を気にすることなく特別な日を迎えることができれば幸いです。

 

 

50代ファッション関連記事はこちら

https://nipponbudokan.jp/face-to-face-clothes-mother-in-her-50s/

40代50代レディース喪服のハイブランドどこで買う?人気のおすすめを紹介!40代50代になっていざ喪服を着ようと出してみるも、何だか今の自分にしっくりこないし、、、 サイズも合わなくなっていた、という方も少なくないかと思います。 40代50代になれば、年齢にふさわしいセンスのいい喪服を着たいと思いますよね。 喪服は、大人の女性のたしなみとして用意しておきたい必須アイテムです。...
40代50代センスのいい喪服の選び方!おしゃれな人気ブランドおすすめ!喪服は、敬意を表す大切な場での服装なので、慎重に選びたいものです。 特に50代の女性は、年齢に合った落ち着いたデザインで品格を保ちつつ、自分のスタイルに合ったものを選びたいですよね。...
おしゃれな喪服の女性芸能人は?50代は誰?非常識なお葬式の服装は?50代の女性は、多くの場面での経験と知識を持ち、自分らしいスタイルを確立しています。 しかし、喪の場においては、そのスタイルを維持しつつも、伝統的なマナーやエチケットを守ることが求められますよね。...
50代母親の卒業式スーツブランド!セレモニースーツブランドを紹介!卒業式は、子供たちの大きな節目となる日です。 その特別な日に、母親として最適な服装を選ぶことは、自分自身のためだけでなく、子供たちのためにも非常に重要です。...
50代女性洋服どこで買う?人気ファッション通販ブランドの安い店舗!「50代の洋服ってどこで買ったらいいのかな?」て思うことありませんか? そして、お出かけした時に「せっかくだからご近所にないショップでお買い物したいな~」と思うことはないでしょうか。 そこで今回は「50代の洋服はどこで買う?東京・大阪・名古屋・福岡のショップと人気通販ランキング!」をお伝えいたします。...

https://nipponbudokan.jp/wedding-attire-chubby-body-cover/

50代スーツどこで買う?ビジネス就活・女性管理職スーツブランドを紹介!50代の女性にとって、ビジネスやフォーマルシーンで着るスーツは重要なファッションアイテムです。 しかし、年齢を重ねたからこそ、自分に合ったスーツはどこで買うのがいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。...
大人のサロペットコーデは痛い?40代50代の着こなしと人気のおすすめ!最近人気のサロペット。40代女性が着てもいいのかな?着てみたいけど痛くなったら嫌だし... って思っている人は少なくないかと思います。 実はサロペット、コツをつかめば大人っぽく着れるし体型がキレイに見えるんです。 でも一歩間違えると痛い若作りコーデになるので注意が必要。...
40代50代ジャンパースカート痛いは嘘!何歳まで?おばさんOKの着こなし方!ジャンパースカートは、若作りに見える印象があって避けていた大人の女性も多いかと思います。 が、近年「ジャンパースカート」の人気が急上昇しているのを知ってました? 40代50代に人気の雑誌「STORY」や「eclat」でも特集が組まれるほど。...
50代ハイブランドのレディースリュック人気のおすすめ9選!最近は、リモートワークが増えてパソコンを持ち歩く機会があったりと、バッグのサイズが変わった人も少なくないのではないでしょうか? そんな荷物が多い時に役立つのが「リュック」。 でも「リュック」はカジュアル過ぎると子供っぽくなってしまうので大人の女性が持つと浮いてしまわないか心配ですよね。 そこで今回は「40代でリュックは痛い?子供っぽくない大人の綺麗めリュックBest10!」をご紹介いたします。...
40代50代プリーツスカート痛い?春夏秋冬コーデと黒プリーツコーデ!プリーツスカートは、可愛らしさやエレガントな印象を与えることができるスカートです。 ですが、40代50代が着ると痛いコーデになってしまうのではないかと気になるのではないでしょうか?...
50代デニムワンピース痛い?シャツワンピダサい?上に羽織るものを紹介!最近では、年齢によるファッションの制約は少なくなってきています。 それでも「50代になるとある程度の年齢相応のファッションをするべき」という意見もあります。 その中で、デニムワンピースやスカートは、「若い子にしか似合わない」「痛々しく見える」といった声も聞かれますが本当でしょうか。...