40代痛いファッション

40代50代でパーカーは痛い?マウンテンパーカーはおばさんっぽい?

 

「40代50代でパーカーは痛いかな?マウンテンパーカーはおばさんっぽくて着こなしが難しいな」

 

カジュアルで楽ちんなパーカーですが、40代50代女性が着る時にはだらしなく見えたり、若作りに見えないように、着こなしに注意が必要です。

カジュアルであれば若く見える、と思っている人がいるかもしれませんが、それは、危険。

 

それは、若々しいのではなく無理のある「若作り」。本物の若者と同じものを着ることで、かえって年齢差が際立ってしまうのです。

だからこそ、無理な「若作り」ではなく、大人ならではの計算されたカジュアルファッションで「若々しい」着こなしを目指したいもの。

 

今回は、「40代50代でパーカーは痛い?マウンテンパーカーはおばさんぽい?」をご紹介いたします。

 

信衣
信衣
最後にあなたが痛いファッションにならないためのパーソナル診断があるので是非チェックして下さいね!

 

40代50代でパーカーは痛い?ダサ見えしない着こなし3つのポイント!

 

性別や世代を問わず人気のパーカーですが、40代50代が着るときにはいくつか注意が必要です。

「なんだか垢抜けない」「ダサ見えする」を回避するパーカーの選び方や着こなしのポイントを紹介します。

 

40代50代のパーカーの着こなし① 抜け感のでる「スリット」はマスト

 

スリット入りのパーカーは、抜け感が出てパーカーコーデが一気に垢抜けます。

裾が絞られていないのでカジュアル感が薄れ、スカートにもパンツにも合わせやすいのもポイント。

 

サイドスリットで前後差のあるデザインなら、気になる腰回りを隠して体型カバーにも◎。

ロングスカートと合わせたらカッコイイけど女性らしさのある大人のカジュアルファッションに仕上がります。

 

40代50代のパーカーの着こなし② 立体的なフードで小顔効果

 

しっかりとしたフードの立ち上がりやドロップショルダーなどを選ぶのもポイント。

ドロップショルダーは華奢にみせてくれるし、しっかりしたフードの立ち上がりは小顔効果を叶えてくれます。

 

小花柄のフェミニンなプリーツスカートと合わせてカジュアルダウンすると女性らしいコーデが完成します。

ダークカラーのパーカーは、カジュアル感を抑えてくれるので、きれいめなアイテムとも合わせやすくおすすめです。

 

モノトーンコーデならシックで大人っぽくまとまるので失敗もありません。

顔まわりが暗い印象にならないように、アクセサリーやインナーを見せるのがポイントです。

 

40代50代のパーカーの着こなし③ トレンド感のある「オーバーサイズ」で体型カバーも叶える

 

トップスはオーバーサイズで着るのがトレンドです。

オーバーサイズは体型カバー効果があるので、40代50代にも嬉しいアイテムですが、コーデによってはラフになりすぎてしまうので要注意。

 

くすみカラーなど落ち着いたカラーを選んで、きれいめなボトムスと合わせると大人っぽく着こなせます。

カジュアル感のあるオーバーサイズのパーカーは、大人のアウトドアスタイルにもぴったり。

 

落ち着いたくすみブルーに白、黒、ベージュのベーシックカラーを合せることで、大人に似合うカジュアルファッションに仕上がります。

 

40代50代におすすめ!大人のいけてるパーカーはこちら↓

 

 

マウンテンパーカーはおばさんっぽい?着こなしとコーデのコツ!

 

季節の変わり目に使いやすいと人気の「マウンテンパーカー」。

ですが、40代50代が着ると野暮ったくなって、おばさんぽく見えるのではないかと気になるのではないでしょうか。

 

そこで、40代50代がマウンテンパーカーを着こなすコツやコーデのポイントをご紹介します。

 

40代50代マウンテンパーカーの着こなし① シックなカラーを選ぶ

 

「マウンテンパーカー」は、もともとカジュアル寄りなアイテムなので、カラーまで遊んでしまうと、40代50代が着るとどうしても若作りおばさんに見えてしまいます。

40代50代が着る場合は、ブラック、ネイビー、カーキー、などのシックなカラーにするのがおすすめです。

 

シックなカラーのマウンテンパーカーは、大人の知的さを発揮してくれるおすすめのカラーです。

デイリーコーデにも使いやすいですし、今っぽい抜け感も与えてくれます。

 

また、40代50代がマウンテンパーカーを選ぶ時は、光沢やツヤのあるものを選ぶとカジュアル過ぎずきれいめにコーデできます。

わずかに光沢のある素材が、アウトドア感を抑えて大人っぽくシフトしてくれますよ。

 

40代50代マウンテンパーカーの着こなし② 全身をカジュアルにしない

 

マウンテンパーカーをコーデする時にやりがちなのですが、ボトムもカジュアルライクなものを合わせてしまうことです。

例えば、タイトなジョガーパンツなどですね。

 

ジョガーパンツ自体はNGアイテムではないのですが、きれいめコーデの時に外しとして使うにはおしゃれに着こなせます。

ですが、マウンテンパーカーと合わせると全身カジュアルコーデになって日常着として着る場合は若作りおばさんになってしまいます。

 

パンツであわせるなら、テーパードパンツがおすすめです。

マウンテンパーカーがカジュアルで、パンツがきれいめになるので全体のバランスが取りやすくなります。

 

また、スニーカーを合せる場合も蛍光色やスポーツテイストの強いものだと40代50代にはカジュアル要素が強いので注意しましょう。

合せる場合は、白やレザーなどのシンプルなものを合わせていただくとバランスが取りやすくなるでしょう。

 

おばさんにならない大人のマウンテンパーカーをチェック!↓

 

 

まとめ

 

「40代50代でパーカーは痛い?似合わない?ダサ見えしない着こなし3つのポイント!」をお伝えしてまいりました。

あなたに大事なことをお伝えしますね。

 

40代50代のパーカー選びで大事なポイント

  • 抜け感のでる「スリット」はマスト
  • 大人っぽく着まわせる「ダンボール素材」を選ぶ
  • トレンド感のある「オーバーサイズ」で体型カバーも叶える

 

この3つをおさえることで、ダサ見えしない垢抜けたパーカーコーデが実現しますよ。

 

ためしてガッテンの顔のシミを消す方法!シミ取りクリームって?お金をかけずにシミを消す方法3選!