40代50代ファッション

40代50代女性でパーカーは痛いしおかしい?着こなしのコツを紹介!

アラフィフ主婦
アラフィフ主婦
40代女性でパーカー着てたら痛いしおかしいかな?

 

40代50代女性がパーカーを着る時にはだらしなく見えたり、若作りに見えないためには着こなしに注意が必要です。

カジュアルであれば若く見える、と思っている人がいるかもしれませんが、それは、危険。

 

それは、若々しいのではなく無理のある「若作り」。

本物の若者と同じものを着ることで、かえって年齢差が際立ってしまうのです。

 

だからこそ、無理な「若作り」ではなく、大人ならではの計算されたカジュアルファッションで「若々しい」着こなしを目指したいものですよね。

そいうわけで今回は、「40代50代女性でパーカーは痛い?おかしい着こなしにならないコツをお伝えします。

 

40代50代でパーカーは痛いしおかしい?着こなし3つのコツ!

 

性別や世代を問わず人気のパーカーですが、40代50代が着るときにはいくつか注意が必要です。

「なんだか垢抜けない」「ダサ見えする」を回避するパーカーの選び方や着こなしのポイントを紹介します。

 

小顔効果が期待できる立ちフード

 

立ち上がりがあって大きめのフードは顔まわりのボリュームでお顔が小さく見えます。

そのため、小顔効果で簡単に身長が高くみえてスタイリッシュに見えるんです。

 

着ぶくれしないスッキリシルエット

 

着ぶくれしないスッキリシルエットは大人のキレイ目コーデにもOK!

デニムやカジュアルスタイルはもちろんスカートやワンピースにも着回しできます。

 

オーバーサイズで体型カバーも叶える

 

オーバーサイズは体型カバー効果があるので、40代50代にも嬉しいアイテムですが、コーデによってはラフになりすぎてしまうので要注意。

くすみカラーなど落ち着いたカラーを選んで、きれいめなボトムスと合わせると大人っぽく着こなせます。

 

カジュアル感のあるオーバーサイズのパーカーは、大人のアウトドアスタイルにもぴったり。

落ち着いたくすみブルーに白、黒、ベージュのベーシックカラーを合せることで、大人に似合うカジュアルファッションに仕上がります。

 

大人のいけてるパーカーはこちら↓

 

 

まとめ

 

「40代50代でパーカーは痛いしおかしい?着こなし3つのポイント!」をお伝えしてまいりました。

あなたに大事なことをお伝えしますね。

 

40代50代のパーカーの着こなし3つのポイント

  • 小顔効果が期待できる立ちフード
  • 着ぶくれしないスッキリシルエット
  • オーバーサイズで体型カバーも叶える

 

この3つをおさえることで、痛い着こなしにならないパーカーコーデが実現しますよ。