40代50代ファッション PR

40代50代センスのいい喪服の選び方!おしゃれな人気ブランドおすすめ!

 

「40代50代センスのいい喪服の選び方は?おしゃれな人気ブランドのおすすめが知りたい」

 

喪服は、敬意を表す大切な場での服装なので、慎重に選びたいものです。

特に50代の女性は、年齢に合った落ち着いたデザインで品格を保ちつつ、自分のスタイルに合ったものを選びたいですよね。

 

  • 40代50代センスのいい喪服の選び方は?
  • 40代50代喪服のおしゃれな人気ブランドおすすめは?

そういうわけで今回は、40代50代女性が喪服をどこで買うのがいいのか、おしゃれな人気ブランドのおすすめをご紹介します。

 

40代50代のおしゃれな喪服店舗は以下が人気でおすすめです!

 

40代50代センスのいい喪服の選び方!

 

40代50代のセンスのいい喪服の選び方は次のつがポイントです。

  1. 品格があるものを選ぶ
  2. ロング丈のものを選ぶ
  3. 着心地・機能性がいいものを選ぶ
  4. ゆったりしたサイズを選ぶ

 

品格があるものを選ぶ

 

40代50代にふさわしい喪服の選び方とは、どういったところに気を付ければいいのでしょうか?

40代50代にふさわしい喪服は、「品格」のある装いが重要になってきます。

 

品格のある喪服とは、正喪服・正礼服といわれるきちんとした喪服のことをいいます。

正礼服・正喪服は主に、遺族や近い親族が着用する礼装です。露出と装飾を抑え、上質な素材を使用した格式高い礼装を指します。

 

正喪服といわれると喪服を選ぶポイントは以下になります。

正喪服を選ぶポイント

  • 光沢のない漆黒無地であること
  • 肌の露出を抑え、スカートの丈は膝下であること

 

喪服の色はどれも黒ですが、深い黒と言われる漆黒に近い黒ほど凛とした品が感じられます。

葬儀に参列すると他の人との「黒」の違いが目立ってしまう事もよくあります。

 

特に、昼間で外だと黒色の違いがすごく目立ってしまうもの。

深い黒や漆黒色の喪服を着ていると、きちんと感があり品がある印象になります。

 

デザインだけでなく、品質も年齢に合わせてランクアップすると、居心地の悪い思いをしなくて済むはずです。

 

ロング丈のものを選ぶ

 

40代50代女性が喪服・礼服を選ぶときは、ジャケットやスカートがロング丈のものを選びましょう。

ジャケットやスカート丈が短いと、若づくりな印象になってしまいます。

 

ロング丈のジャケットであれば、お腹や腰など体型の気になる部分をカバーできるのでセンスいい着こなしに見えます。

スカートは、椅子に座ったときに膝が出ないロング丈を選びます。

 

また、首まわりが気になるときは、フリル衿や立ち襟などの立体的なデザインのものが、顔周りをエレガントに魅せてくれるでしょう。

 

着心地・機能性がいいものを選ぶ

 

着心地が良くないと長時間の着ているのがつらくなってしまうことがあります。

前開きファスナー仕様の喪服だと着るときに後ろに手をまわす必要がなく、着脱も簡単にできます。

 

ゆったりしたサイズを選ぶ

 

40代50代の体型カバーができる少しゆったりしたサイズ感の方が、余裕がありセンスのいい着こなしに見えます。

喪服や礼服は、普段着のように頻繁に着ることはありません。

 

40代50代の体型変化にもある程度対応できるようにしておくと、長く着続けられます。

 

それでは次に40代50代のセンスのいいおしゃれな喪服ブランドをご紹介しますね!

 

40代50代センスのいい喪服 おしゃれな人気ブランドおすすめ

Lurco(ルルコ)

 

シルエットと着心地を追及した「匠の技」の喪服が揃う「Lurco(ルルコ)」

百貨店や量販店に卸売りの経験を持つスタッフが、商品企画から販売まで直接運営をおこなっている通販サイトです。

 

そのため、目利きのあるセンスのいい喪服を安くで提供してくれています。

長年フォーマルを専用で製造している縫製工場と提携することで「安心・安全」なフォーマルウエアーが揃うブランドです。

 

15サイズまで対応しておるデザインを迷ったときにには試着チケットを使ってお家で選ぶこともできるので安心。

 

また、テレビ電話等にて「オンライン接客」も対応しています。

商品に対する質問や詳細確認など、画像や電話だけは不安に感じる方は、専門知識を持ったスタッフに相談してみてくださいね!

 

【28%OFF】「Lurco(ルルコ)」40代50代に人気のおしゃれな喪服を見てみる

 

TOKYO SOIR(東京ソワール)

 

「TOKYO SOIR(東京ソワール)」は、日本で初めてブラックフォーマルコーナーを百貨店に設けるなど、常に新しい文化の創造を担ってきたハイブランドです。

特にWEB限定商品は、お求めやすい価格で提供されており、21号まで対応しています。

 

また、試着チケットも用意されているため、サイズや素材感に不安がある方でも、安心してお選びいただけます。

50代の方には、ゆったりとしたサイズの喪服も豊富に取り揃えられています。

 

→【WEB限定】「TOKYO SOIR(東京ソワール)」のおしゃれな喪服を見てみる

 

CARETTE(カレット)

 

「CARETTE(カレット)」は、楽天月間優良ショップに13回も輝いた、ブラックフォーマルの専門店です。

凛とした大人の女性をターゲットに、上品でありながらも可愛らしい喪服は23号まで対応可能。

 

真の「黒」を表現するために「濃染(のうせん)加工」が施されており、その深い色合いが女性をより美しく、凛と見せてくれます。

特に40代50代の女性には、長めの丈が安心感を提供し、前開きのワンピースは着脱がしやすいと好評です。

 

さらに、最大3点まで試着サービスを利用することができ、自宅でじっくりと選ぶことができます。

 

≪全サイズ入荷!35%OFFセール≫40代50代に安心のロング丈「CARETTE(カレット)」 前あきワンピースを見てみる

 

nina’s(ニナーズ)

 

「nina’s(ニナーズ)」ロング丈の喪服は、オールシーズン対応の足元まで気を遣った格式高い装いです。

百貨店に並ぶスーツと同じ優良工場で縫製されており、熟練の職人の手によって丹念に仕立てられ、高いファッション性と品質の高さを兼ね備えたブラックフォーマル。

 

安い喪服の生地では出せない「深い黒」は40代50代女性を凛とした高級感のあるセンスのいい喪服の着こなしを叶えてくれます。

 

THE SALE【半額】50%OFF 【ドラマ「大病院占拠」ソニンさん着用】nina’s(ニナーズ)40代50代人気のロング丈の正喪服を見てみる

 

サイズ・デザインに迷う方におすすめ!nina’s(ニナーズ)の安心試着サービスを見てみ

 

B-GALLERY(ビーギャラリー)

 

創業35年!メーカー直営の喪服・フォーマル専門店の「B-GALLERY(ビーギャラリー)」

喪服については生産数量国内2位という実績があり、東レ株式会社の関連会社の「アルタモーダ」が運営をしています。

 

こたわりのディティールがワンランク上のおしゃれを叶える大人の為のブラックフォーマル。

おしゃれでありながら、マナーにも配慮した高品質はフォーマルウエアをお手頃な価格で提供しているブランドです。

 

【試着チケット】1000円で2着お届け、1着返品の便利チケット

 

【35%OFF】「B-GALLERY(ビーギャラリー)」40代50代に人気の喪服を見てみる

 

40代50代のレディース喪服に関するよくある質問

40代50代女性の喪服選びで重要なポイントは何ですか?

 

回答: 40代・50代女性の喪服選びでは、保守的かつ品位のあるスタイルを選ぶことが重要です。

シンプルで控えめなデザイン、膝丈またはそれより長いスカートやドレス、高すぎないヒールの靴を選びます。

 

また、喪服は身体のラインがはっきりと出ない程度に適度なフィット感が望ましいです。

アクセサリーは最小限にし、派手さを避けることが肝心です。

 

喪服の色や素材について注意すべき点はありますか?

 

回答: 喪服は一般的に黒色が基本で、深い黒や漆黒色が望ましいです。

夏は通気性の良い薄手の素材を、冬は暖かみのある素材を選ぶと良いでしょう。

 

光沢が強い素材や、透け感のある素材は避け、全体的に落ち着いた印象の素材を選ぶことが重要です。

 

40代・50代女性の喪服で、アクセサリーはどのように選ぶべきですか?

 

回答: 喪服を着用する際のアクセサリーは、極力控えめにすることが求められます。

大ぶりなアクセサリーや派手なデザインは避け、シンプルな小さめのイヤリングやネックレスを選ぶと良いでしょう。

 

パールや金属製の小さなアクセサリーが適しています。全体として、控えめで品のある装いを心掛けることが大切です。

 

 

まとめ

 

40代50代のセンスのいい喪服の選び方やおしゃれな人気ブランドのおすすめをご紹介しました。

 

40代50代のセンスのいい喪服の選び方は次のつがポイントです。

  1. 品格があるものを選ぶ
  2. ロング丈のものを選ぶ
  3. 着心地・機能性がいいものを選ぶ
  4. ゆったりしたサイズを選ぶ

 

40代50代女性向けの喪服は、さまざまな場所で買うことができますが、通販サイトで購入するのもおすすめです。

通販サイトは、デザインのバリエーションが豊富で、おしゃれな喪服が揃っています。

 

また、「お家で試着サービス」を提供しているサイトもあり、自宅で試着して選ぶことができます。

非常に便利なサービスなので、皆さんもぜひ一度試してみてくださいね!

 

喪服の関連記事はこちら

喪服を卒業式に着ても大丈夫?ブラックフォーマルとの違いとアレンジ方法卒業式における服装は、その式典の格式や場の雰囲気を尊重するという意味でも、非常に重要です。 喪服は主に葬儀で着用される服装で、ブラックフォーマルはより広い範囲のフォーマルな場面で受け入れられるスタイルです。 この違いを理解することで、あなたが卒業式に相応しい装いを選ぶ手助けとなるでしょう。...

https://nipponbudokan.jp/cool-mourning-clothes-40s/

おしゃれな喪服の女性芸能人は?50代は誰?非常識なお葬式の服装は?50代の女性は、多くの場面での経験と知識を持ち、自分らしいスタイルを確立しています。 しかし、喪の場においては、そのスタイルを維持しつつも、伝統的なマナーやエチケットを守ることが求められますよね。...
60代女性の喪服の選び方は?センスのいい喪服人気ランキング!年齢を重ねると、体型もころころと変わってくるので、40代50代に着用できた喪服も入らなくなることもよくあります。 60代ともなると、参列する葬儀の数も増えてきます。 年齢を重ねた今だからこそ、喪服を上品にセンスよく着こなしたいものですよね...
安い喪服は恥ずかしい?バレる?安くて良いレディース喪服おすすめ!喪服は、故人を偲び、敬意を表す重要アイテムです。 しかし、安い喪服は恥ずかしいのではないかと気になるのではないでしょうか。...