アラフィフからの女磨き
元アパレル店員が伝授したいこと
40代ファッション

40代痛いおばさんファッション5つの特徴!今さらダサい!あるあるアイテム

アラフィフ主婦
アラフィフ主婦
私痛いおばさんファッションになってないかな?ちょっと心配...

 

女性はいくつになっても、キレイで若々しくいたいものですよね。

 

いつもキレイでいたいと心がけているのに、痛いダサいおばさん認定されてしまうファッションもあります。

 

どんなファッションが痛いおばさん認定されてしまうのでしょうか?

 

今回は「40代痛いおばさんファッション5つの特徴!今さらダサい!あるあるアイテム」をお伝えいたします。

 

40代痛いおばさんファッション5つの特徴!

若作りが激しい

トレンドを取り入れるのは悪い事ではありませんが、若い女性に人気なアイテムやタイトなデザインで身を固めていると「若作りしすぎ!」と痛いおばさん認定されてしまう事も...

 

「ミニスカート」や「露出度の高いファッション」は目のやり場に困るだけ。

 

健康的な太ももを出したミニスカートが似合うのは、20代までです。

 

どんなに足に自信があっても、ひざ周りや太ももなどの肌の質感はあきらかに違うことをお忘れなく...

 

「ありのままの私を見て...」というのは、残念ながら20代までしか通用しません。

 

TPOを踏まえた服装で、個人のセンスを出すことが大人の嗜みとして重視されます。

 

年を重ねれば重ねたことによる魅力というものがあるのですから、今に相応しいファッションを目指していきましょう。

 

40代でパーカーは痛い?!ダサ見えしないための3つのポイント!カジュアルで楽ちんなパーカーですが、40代女性が着る時にはだらしなく見えたり、若作りに見えないように、着こなしに注意が必要です。 カジュアルであれば若く見える、と思っている人がいるかもしれませんが、それは、危険。 それは、若々しいのではなく無理のある「若作り」。本物の若者と同じものを着ることで、かえって年齢差が際立ってしまうのです。...

 

昔の流行を引きずっている

服装でもヘアスタイルでもメイクでも10年もたつとだいぶ変わります。

 

テレビなどで懐かしい映像が流れると、10年くらい前の人たちのファッションは今ではあまり見かけないものが多いですよね。

 

ファッションの流行は繰り返すものなので、90年代、80年代のファッションは今の若い人も取り入れることもありますが、数年前のファッションは「古い」「ダサい」の典型になってしまいます。

 

ファッションが「昔と変わっていない」人は要注意!周りから「痛いおばさん」と思われているかもしれません。

 

もし心当たりがあると思う人は、この機会に若かりし昔の自分とはさよならして魅力ある大人の女性に生まれ変わりましょう。

 

フリル満載

 

フリルは分量と場所を選ばないと、即「痛い人」認定されてしまう若作りアイテムです。

 

特に白やピンクなどの可愛い色をセレクトしてしまうと40代の手に負えません。

 

後ろ姿で声をかけたら、顔をみてビックリ!というベタな展開もないとは言い切れないので、フリルは最小限に、色はネイビーやカーキーなどの落ち着いたカラーでバランスをとりましょう。

 

トレンドを取り入れすぎる

トレンドを取り入れすぎるファッションは、それなりに大人になってくると頑張ってる感がでてしまうので痛いおばさんに見えてしまいます。

 

若々しく着飾ろうとトレンドを詰め込み過ぎると、逆に老けた印象に見えることも。

 

トレンドを意識したファッションを楽しむなら、ポイント使いをするのが若々しく見せるコツです

 

ボトムスかトップスどちらかだけといったように、なにか一つだけトレンドを盛り込んでさりげない若々しさをアピールしてみてください。

 

ゆるゆるな服装

やっぱり40代になると、どうしても二の腕のたるみやぽっこりお腹などの悩みはつきないものですよね。

 

少しでも隠したいからと上下どちらもゆるゆるだぼだぼの服をきていると、しまりがなくダサいおばさんになってしまいます。

 

トップスがゆるめならボトムをタイトに。ボトムをワイドにするなら、トップスをタイトにしてメリハリをつけるのが脱おばさんコーデのコツです。

 

40代オフィスカジュアル!春・夏・秋・冬全部プチプラ服ユニクロで決まり!「服はたくさん持っているのに、会社に着ていく服がない」「どんな服が年相応のオフィスカジュアルなのかわからない」「このままのファッションでいいのかな。。。」 こんな風なお悩みがあるアラフィフ女性は多いのではないでしょうか? 私が、アパレル販売員だったころ、看護師さん、大学の助教授、大手建設会社のキャリアウーマン等々さまざまな職業のかたのコーデを提案してきました。 「会社の中で浮きたくないけどオシャレをしたい」...

 

今さらダサい!あるあるアイテム

ペプラムトップス

 

ペプラムは少し前には爆発的に流行りましたが、最近はめっきり見かけなくなりましたよね。

今さらペプラムトップスを着ていたら、「え?それ古くない?」と思われる可能性は大です。

 

ビジューのトップス

襟もとにポイント的にポイント的にビジューがついているトップスって可愛いですよね。

 

でもデザイン次第では、ちょっと年上に見えることもあるので、デザインのチョイスやコーデは要注意。

 

カラータイツ

カラータイツが流行ったのはもうだいぶ前のこと。

 

今の時代に例えば辛子色のタイツを履いていたら、「今そんな人いないよね...?」とファッションセンスの古さにドン引きすることは間違いないでしょう。

 

柄パンツ

 

花柄やギンガムチェックなどの柄パンツも少し前に流行りましたよね。

 

でも、最近はあまり見かけなくなりました。今履いているとさすがに古さが目立つもの。

 

もし、今さら柄パンツを履いていたら「おばさんのセンス...」と引いてしまうかも。

 

ムートンブーツ

寒い季節にはブーツで足元を暖かくしたい。

 

そんな時のお役立ちファッションアイテムと言えるムートンですが、確かに軽くて暖かいという機能性はあるものの、ファッション的な目線から見ればムートンはおしゃれなアイテムだとは言えなくなってきていますね。

 

もこもこなムートンブーツをはいていたら、おもわず「ダサ!」と感じる人は多いはず。

 

ムートンは今ではすっかりダサい!といった印象になりがちなので要注意ですね。

 

リボンつきニット

リボンがついたニットはきちんと感もありつつ男性受けも良いアイテムと、昔一度は着たことがある人も多いはず。

 

でもその感覚のまま今も着ているとしたらかなり危険です。

 

いくら上品なデザインで小さめのリボンでも40代のリボンはダサく見えるので卒業したほうが無難です。

 

トレンカ

 

 

トレンカも数年前は大流行していましたね。

 

タイツ風に見えるのに足先は素足の状態だからと、パンプスやサンダルを履くときなどに重宝されていましたが、今ではもうほとんど見かけません。

 

もしまだもっていても、トレンカだとバレるような使い方はしないほうがいいでしょう

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は「40代痛いおばさんファッション5選!今さらダサい!あるあるアイテム」をお伝えしてまいりました。

 

あなたに、今回解説してきた中でとても大切なことをまとめますね。

 

40代痛いおばさんファッション5選

  • 若作りが激しい
  • 昔の流行を引きずっている
  • フリル満載
  • トレンドを取り入れすぎる
  • ゆるゆるな服装

 

今さらダサい!あるあるアイテム

  • ペプラムトップス
  • ビジューのトップス
  • カラータイツ
  • 柄パンツ
  • ムートンブーツ
  • リボンつきニット
  • トレンカ

 

以上があなたへお伝えしてきた記事内容のまとめになります。

 

40代女性のファッションは変わらずにいたい自分と、変わっていく自分のバランスがとても難しいですよね。

 

変わらない自分をしっかり持ちながらも、変わることを楽しんでいきたい。

 

いつまでも過去にしがみつくより、今の自分を輝かせてこれからの人生を楽しみましょうね。