40代50代ファッション PR

40代50代痛いおばさんファッションの特徴!おばさんあるあるファッションとは?

 

「40代50代痛いおばさんファッションの特徴は?おばさんあるあるファッションが知りたい」

 

女性はいくつになっても、キレイで若々しくいたいものですよね。

40代50代でもキレイでいたいと心がけているのに、痛いダサいおばさん認定されてしまうファッションもあります。

 

どんなファッションが痛いおばさん認定されてしまうのでしょうか?

40代50代の痛いおばさんファッションの特徴は次の5つがポイントです。

  1. 若作りが激しい
  2. 昔の流行を引きずっている
  3. フリル満載
  4. トレンドを取り入れすぎる
  5. ゆるゆるな服装

 

そこで今回は、40代50代痛い若作りおばさんファッションの特徴とおばさんあるあるファッションをご紹介します。

 

40代50代のコーデセットは以下が人気でおすすめですよ!

40代50代コーデセット人気のおすすめ3選!

Sweet&Sheep(スイートシープ)
大人きれいめカジュアル通販サイト。お仕事やデイリーなど普段使いできる「着回し力とコスパ」を重視したアイテムが魅力。

aquagarage(アクアガレージ)
「上質・低価格」主義の通販サイト。上品で可愛くなりすぎないので、40代50代女性のプチプラファッションコーデにも馴染むように着こなせます。

e-zakkamania stors(イーザッカマニアストアーズ)
神戸発の大人可愛いナチュラルな服の通販サイト。カットーソーやトレーナーなどの定番アイテムにどこか大人可愛いデティールが輝ります。

 

40代50代痛い若作りおばさんファッションの特徴5選!

 

40代50代の痛い若作りおばさんファッションの特徴は次の5つがポイントです。

  1. 若作りが激しい
  2. 昔の流行を引きずっている
  3. フリル満載
  4. トレンドを取り入れすぎる
  5. ゆるゆるな服装

 

若作りが激しい

 

 

トレンドを取り入れるのは悪い事ではありませんが、若い女性に人気なアイテムやタイトなデザインで身を固めていると「若作りしすぎ!」と痛いおばさん認定されてしまう事も...

 

「ミニスカート」や「露出度の高いファッション」は目のやり場に困るだけ。

健康的な太ももを出したミニスカートが似合うのは、20代までです。

 

どんなに足に自信があっても、ひざ周りや太ももなどの肌の質感はあきらかに違うことをお忘れなく...

「ありのままの私を見て...」というのは、残念ながら20代までしか通用しません。

 

TPOを踏まえた服装で、個人のセンスを出すことが大人の嗜みとして重視されます。

年を重ねれば重ねたことによる魅力というものがあるのですから、今に相応しいファッションを目指していきましょう。

 

昔の流行を引きずっている

 

服装でもヘアスタイルでもメイクでも10年もたつとだいぶ変わります。

テレビなどで懐かしい映像が流れると、10年くらい前の人たちのファッションは今ではあまり見かけないものが多いですよね。

 

ファッションの流行は繰り返すものなので、90年代、80年代のファッションは今の若い人も取り入れることもあります。

ですが、数年前のファッションは「古い」「ダサい」の典型になってしまいます。

 

ファッションが「昔と変わっていない」人は要注意!周りから「痛いおばさん」と思われているかもしれません。

もし心当たりがあると思う人は、この機会に若かりし昔の自分とはさよならして魅力ある大人の女性に生まれ変わりましょう。

 

フリル満載

 

フリルは分量と場所を選ばないと、即「痛い人」認定されてしまう若作りアイテムです。

特に白やピンクなどの可愛い色をセレクトしてしまうと40代50代の手に負えません。

 

後ろ姿で声をかけたら、顔をみてビックリ!というベタな展開もないとは言い切れないでしょう。

なので、フリルは最小限に、色はネイビーやカーキーなどの落ち着いたカラーでバランスをとるのがポイントです。

 

トレンドを取り入れすぎる

 

トレンドを取り入れすぎるファッションは、それなりに大人になってくると頑張ってる感がでてしまうので痛いおばさんに見えてしまいます。

若々しく着飾ろうとトレンドを詰め込み過ぎると、逆に老けた印象に見えることも。

 

トレンドを意識したファッションを楽しむなら、ポイント使いをするのが若々しく見せるコツです

ボトムスかトップスどちらかだけといったように、なにか一つだけトレンドを盛り込んでさりげない若々しさをアピールしてみてください。

 

ゆるゆるな服装

 

やっぱり40代になると、どうしても二の腕のたるみやぽっこりお腹などの悩みはつきないものですよね。

少しでも隠したいからと上下どちらもゆるゆるだぼだぼの服をきていると、しまりがなくダサいおばさんになってしまいます。

 

トップスがゆるめならボトムをタイトに。ボトムをワイドにするなら、トップスをタイトにしてメリハリをつけるのが脱おばさんコーデのコツです。

 

40代洋服どこで買う?プチプラブランドのレディース店舗を紹介!40代になって、洋服をどこで買うのがいいのか、わからなくなっている人は少なくないと思います。 そして、プチプラファッションの店舗も知りたいのではないでしょうか。...

 

40代50代痛い若作りおばさんファッションから抜け出すためのポイント!

 

痛いおばさんファッションから抜け出すためには、以下の3つのポイントに注意しましょう。

  1. シンプルで上品なデザインの服を選ぶ
  2. 適切なサイズと上質な素材の服を選ぶ
  3. 適度なアクセサリーと小物でコーデを引き立てる

 

シンプルで上品なデザインの服を選ぶ

 

痛いおばさんファッションにならないためにおすすめは、シンプルで洗練されたデザインの服を選ぶことがです。

過剰な装飾や派手な柄は避け、ベーシックなアイテムを選ぶことで品のあるスタイルになります。

 

シンプルなデザインのブラウスやシャツ、シンプルなカットソーやニットなど、ベーシックなアイテムを取り入れましょう。

色は落ち着いたトーンやモノトーンを選ぶと上品さが引き立ちます。

 

また、ボトムスはシンプルなデザインのパンツやスカートを選び、体型に合ったサイズを選ぶことが大切です。

 

さらに、シンプルながらも上品なアクセサリーや小物をプラスすることで、全体の印象を引き締めることができます。

 

適切なサイズと上質な素材の服を選ぶ

 

痛いおばさんファッションにならないために、年齢に合わせた着こなしのテクニックとアイテム選びをご紹介します。

まずは、体型に合わせたシルエットの服を選び、バランスの取れたスタイリングを心掛けましょう。

 

自分の体型を理解し、自信を持って着ることが大切です。

また、派手な柄や色よりも落ち着いたトーンやモノトーンを選ぶと、大人っぽい雰囲気が演出できます。

 

さらに、素材にもこだわりましょう。

最近では、お手頃価格でも上質な素材のアイテムがたくさんあります。

 

上質な素材や繊細なディテールがある服を選ぶことで、高級感と品のある印象を与えることができるでしょう。

 

適度なアクセサリーと小物でコーデを引き立てる

 

まずは、シンプルながらも品のあるデザインのアクセサリーを選ぶことが重要です。

一つずつのアイテムを選び、上品さを演出しましょう。

 

また、バッグや靴などの小物も重要なポイントです。

素材やデザインにこだわったアイテムを選ぶことで、全体のコーデを引き立てることができます。

 

さらに、季節やコーデのテーマに合わせて適切な小物を選ぶことで、おしゃれ度をアップさせることができるでしょう。

 

大人のサロペットコーデは痛い?40代50代の着こなしと人気のおすすめ!最近人気のサロペット。40代女性が着てもいいのかな?着てみたいけど痛くなったら嫌だし... って思っている人は少なくないかと思います。 実はサロペット、コツをつかめば大人っぽく着れるし体型がキレイに見えるんです。 でも一歩間違えると痛い若作りコーデになるので注意が必要。...

 

おばさんあるあるファッションアイテム!

ビジューのトップス

 

襟もとにポイント的にポイント的にビジューがついているトップスって可愛いですよね。

でもデザイン次第では、ちょっと年上に見えることもあるので、デザインのチョイスやコーデは要注意。

 

カラータイツ

 

カラータイツが流行ったのはもうだいぶ前のこと。

今の時代に例えば辛子色のタイツを履いていたら、「今そんな人いないよね...?」

 

とファッションセンスの古さにドン引きすることは間違いないでしょう。

 

柄パンツ

 

花柄やギンガムチェックなどの柄パンツも少し前に流行りましたよね。

でも、最近はあまり見かけなくなりました。今履いているとさすがに古さが目立つもの。

 

もし、今さら柄パンツを履いていたら「おばさんのセンス...」と引いてしまうかも。

 

ムートンブーツ

 

寒い季節にはブーツで足元を暖かくしたい。そんな時のお役立ちファッションアイテムと言えるムートン。

ですが、確かに軽くて暖かいという機能性はあるものの、ファッション的な目線から見ればムートンはおしゃれなアイテムだとは言えなくなってきていますね。

 

もこもこなムートンブーツをはいていたら、おもわず「ダサ!」と感じる人は多いはず。

ムートンは今ではすっかりダサい!といった印象になりがちなので要注意ですね。

 

リボンつきニット

 

リボンがついたニットはきちんと感もありつつ男性受けも良いアイテムと、昔一度は着たことがある人も多いはず。

でもその感覚のまま今も着ているとしたらかなり危険です。

 

いくら上品なデザインのニットで小さめのリボンでも40代50代のリボンはダサく見えるので卒業したほうが無難です。

ですが、白やシックな色のシャツやブラウスなどのリボンは大人の女性が着てもきちんと見えるのでおすすめです。

 

トレンカ

 

トレンカも数年前は大流行していましたね。

タイツ風に見えるのに足先は素足の状態だからと、パンプスやサンダルを履くときなどに重宝されていましたが、今ではもうほとんど見かけません。

 

もしまだもっていても、トレンカだとバレるような使い方はしないほうがいいでしょう

40代50代ジャンパースカート痛いは嘘!何歳まで?おばさんOKの着こなし方!ジャンパースカートは、若作りに見える印象があって避けていた大人の女性も多いかと思います。 が、近年「ジャンパースカート」の人気が急上昇しているのを知ってました? 40代50代に人気の雑誌「STORY」や「eclat」でも特集が組まれるほど。...

 

まとめ

 

今回は「40代50代痛いダサいおばさんファッション!痛くないファッションとは?」をお伝えしてまいりました。

 

あなたに、今回解説してきた中でとても大切なことをまとめますね。

40代50代痛いダサいおばさんファッション

  • 若作りが激しい
  • 昔の流行を引きずっている
  • フリル満載
  • トレンドを取り入れすぎる
  • ゆるゆるな服装

 

今さらダサい!あるあるアイテム

  • ペプラムトップス
  • ビジューのトップス
  • カラータイツ
  • 柄パンツ
  • ムートンブーツ
  • リボンつきニット
  • トレンカ

 

痛くないファッション3つのポイント

  • サイズが小さすぎないか
  • 隠すことも美徳という考えを持つこと
  • 「質感」を意識すること

 

以上があなたへお伝えしてきた記事内容のまとめになります。

40代50代女性のファッションは変わらずにいたい自分と、変わっていく自分のバランスがとても難しいですよね。

 

変わらない自分をしっかり持ちながらも、変わることを楽しんでいきたい。

いつまでも過去にしがみつくより、今の自分を輝かせてこれからの人生を楽しみましょうね。

40代50代ファッション関連記事はこちら

おばさんに見えないメガネの色は?50代の若く見えるメガネを紹介!年齢と共に変わる肌や髪の色に合わせ、似合うメガネの色も変化します。 肌色やライフスタイルに合わせた色選びは、年齢を重ねても若々しさと上品さを保つ秘訣です。 とはいえ、おばさんに見えないメガネの色はどんな色がいいのか気になりますよね。...
50代女性洋服どこで買う?人気ファッション通販ブランドの安い店舗!「50代の洋服ってどこで買ったらいいのかな?」て思うことありませんか? そして、お出かけした時に「せっかくだからご近所にないショップでお買い物したいな~」と思うことはないでしょうか。 そこで今回は「50代の洋服はどこで買う?東京・大阪・名古屋・福岡のショップと人気通販ランキング!」をお伝えいたします。...
40代50代レディース喪服のハイブランドどこで買う?人気のおすすめを紹介!40代50代になっていざ喪服を着ようと出してみるも、何だか今の自分にしっくりこないし、、、 サイズも合わなくなっていた、という方も少なくないかと思います。 40代50代になれば、年齢にふさわしいセンスのいい喪服を着たいと思いますよね。 喪服は、大人の女性のたしなみとして用意しておきたい必須アイテムです。...

https://nipponbudokan.jp/adult-cute-dress-50s-brand/

40代レディーススーツどこで買う?ビジネススーツや女性管理職ブランドを紹介最近、体型の変化で今まで着ていたパンツスーツが似合わなくなってきた人は少なくないのではないでしょうか。 40代50代にふさわしい大人っぽいおしゃれなパンツスーツはどこで買えばいいのか気になりますよね。...
50代スーツどこで買う?ビジネス就活・女性管理職スーツブランドを紹介!50代の女性にとって、ビジネスやフォーマルシーンで着るスーツは重要なファッションアイテムです。 しかし、年齢を重ねたからこそ、自分に合ったスーツはどこで買うのがいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。...
40代ブラジャーどこで買う?プチプラブランド人気のおすすめ!40代になってだんだん胸が下がってきた感じがする、、、 肌触りやつけ心地も気になるし、若い人が買うようなブランドは違うような、、、 自分に合ったブラが欲しいけど、体型が変わってきたしどこで買うのがいいのか迷ってしまいますよね。...
50代ハイブランドのレディースリュック人気のおすすめ9選!最近は、リモートワークが増えてパソコンを持ち歩く機会があったりと、バッグのサイズが変わった人も少なくないのではないでしょうか? そんな荷物が多い時に役立つのが「リュック」。 でも「リュック」はカジュアル過ぎると子供っぽくなってしまうので大人の女性が持つと浮いてしまわないか心配ですよね。 そこで今回は「40代でリュックは痛い?子供っぽくない大人の綺麗めリュックBest10!」をご紹介いたします。...
40代50代プリーツスカート痛い?春夏秋冬コーデと黒プリーツコーデ!プリーツスカートは、可愛らしさやエレガントな印象を与えることができるスカートです。 ですが、40代50代が着ると痛いコーデになってしまうのではないかと気になるのではないでしょうか?...
50代デニムワンピース痛い?シャツワンピダサい?上に羽織るものを紹介!最近では、年齢によるファッションの制約は少なくなってきています。 それでも「50代になるとある程度の年齢相応のファッションをするべき」という意見もあります。 その中で、デニムワンピースやスカートは、「若い子にしか似合わない」「痛々しく見える」といった声も聞かれますが本当でしょうか。...