アラフィフからの女磨き
元アパレル店員が伝授したいこと
40代痛いファッション

40代50代女性が痛くないファッションのポイント3選!若く見える人と若作りな人の違いとは?

アラフィフ主婦
アラフィフ主婦
私の服装、若作りになっていないかな?痛い感じはしないよね?

 

女性は歳を重ねると、どんなに丁寧なお手入れをしていても、肌はくすむしたるみもでます。

 

若い頃と体重は一緒でも、悲しいかな、体型はやはり違うのです。これは仕方のないこと。

 

ずっと若いままでいたいという願いは誰にでもありますが、歳を重ねる自分と仲良くなる方法知っていくと、自分のための力にもなるし、毎日を生きやすく鮮やかにしてくれます。

 

「人は見た目が9割」と心理学者のアルバート・メラビアンが言った言葉があります。

 

そう、40代50代からは服を味方につけてほしいのです。

 

今回は、40代50代女性が痛い若作りにならない3つのポイントと「若く見える人」と「若づくりな人」の違をお伝えします。

 

40代50代女性が痛い若作りにならない3つのポイント

あなたの周りの「若くみえる人」はこれからお話しする3つのポイントを心得ています。

 

もちろん、立ち居ふるまいや、ヘアメイクなども大きく関わってきます。

 

が、男性女性にかかわらず、「若く見える人」の好感度は高いので、周りから一目置かれたり、大切にされたりします。

 

あなたもぜひ意識してみてくださいね。

 

若作りにならないポイント① ジャストサイズであるかどうか

 

若作りな人にありがちなのが、小さめサイズの服を無理して着ているため、下着の線などが服に響いてしまっていることです。

 

これはかなり見苦しいですが、他人は注意してくれないので、自分で気をつけなければいけません。

 

若い人がぴちぴちした服を着てても、「わー!はじける若さ♡」

 

と好ましく思うのですが、40代50代女性が、ぴちぴちしたものを着ようものなら、、

 

「何!?その肉は!!!」

 

と罵倒されるのがおちでしょう。

 

だからといって大きめのサイズはもっとだらしなくなってしまうのでこまりものです。

 

40代50代痛いおばさんファッション5選!今さらダサいあるあるアイテムと痛くないファッションとは?女性はいくつになっても、キレイで若々しくいたいものですよね。 いつもキレイでいたいと心がけているのに、痛いダサいおばさん認定されてしまうファッションもあります。 どんなファッションが痛いおばさん認定されてしまうのでしょうか?...

 

若作りに見えないポイント② 隠すことも美徳という考えをもつこと

 

身体には、歳を感じさせてしまうところがいくつかあります。

 

二の腕のたるみ、首のシワ、そしてヒジやヒザの関節部分の肌の老化です。

 

もし、自分でどこか気になるようなら、出さずにあえて隠すのもありです。

 

こうすることが、スマートに、そして年齢を感じさせないスタイルを作ることにつながっていきます。

 

ただ、肌を見せる、という手段がもう浅い。これからは、大人の魅せ方を覚えたいものです。

 

「隠して浮かせる」服なら、バストやヒップの丸みとウエストなどのラインが浮き立つような服をえらぶこと。

 

加えて首や手首、足首など、体の中で一番細い部分をちゃんと強調してくれるもの。

 

女性の体は、隠すと逆に凹凸や曲線が際立ちます。あえて見せないからこそ、体のラインを目にした瞬間、ひとはドキっと心を奪われます。

 

これは、「隠すことで体の価値を上げる」という技。

 

若作りに見えないポイント③ 「質感」を意識すること

気に入ったデザインや好きなカラー、ブランドなどで購入の決め手にしている方が多いと思いますが、ここに「質感」を加えてほしいのです。

 

「質感」とは、触れた時の手触り、そして、見た目の服の印象です。「質感」が良ければ触った時の感触がこの上なく心地良いはずです。

 

逆に質感が良くない場合は、触った時に硬い感じがしたり、着た時にフィット感を感じなかったりと本人が快適でないだけでなく、見た目にもしなやかさを感じません。

 

テカテカしたナイロン生地などを思い出してみてください。

 

商品をよく見ずに購入して、いざ身に着けてがっかりするなんてこと、誰でも一度は経験あるのではないでしょうか。

 

アパレル販売員時代、「めんどくさい」と試着をしないで購入するお客様は多かったのですが、ぜひ試着をしてから購入することをおススメします。

 

「若く見える人」と「若作りな人」の違い

「若く見える人」と「若作りな人」とではどこが違うのでしょうか。

 

若く見られたい!

 

という思いは一緒ですが、表現方法が違うのです。

 

「若く見える人」は好感度が高く、憧れの対象となります。実際の年齢より若々しくきれいに見えるわけですから当然でしょう。

 

一方「若作りな人」は正直言って「痛い」のです。無理している感じがどうしても出てしまい、評価が下がるばかりか敬遠されたりします。

 

40代50代でサロペットは痛い?NGコーデといける大人のサロペット6つのコツ!最近人気のサロペット。40代女性が着てもいいのかな?着てみたいけど痛くなったら嫌だし... って思っている人は少なくないかと思います。 実はサロペット、コツをつかめば大人っぽく着れるし体型がキレイに見えるんです。 でも一歩間違えると痛い若作りコーデになるので注意が必要。...

 

まとめ

40代50代女性が若作りに見えない3つのポイント

  • ジャストサイズであるかどうか
  • 「隠す」ことも美徳という考えをもつこと
  • 「質感」を意識すること

 

「若くみえる人」と「若づくりな人」の違い

  • 若く見える人・・・好感度が高い。憧れの対象。
  • 若作りな人・・・・痛い。評価が下がる。敬遠される。

 

 

~応援よろしくお願いします~

にほんブログ村 ファッションブログ 40代女性ファッションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 50代女性ファッションへ
にほんブログ村