美容 PR

ためしてガッテンのシミ取りクリームって?ポロっと取れる?剥がれるの?

【PR】

「ためしてガッテンのシミ取りクリームについて知りたいな、ポロっと取れる、剥がれるって本当かな?」

 

NHKのためしてガッテンの番組の中でシミ取りクリームについて紹介されたのは本当なのでしょうか?

ためしてガッテンの顔のシミを消す方法で紹介されていたのは、「赤いシミ」と「茶色のシミ」の特徴と対策でした。

 

そういうわけで今回は、ためしてガッテンのシミ取りクリームと顔のシミを消す方法についてお伝えしてまいります。

NHKためしてガッテンで紹介された顔のシミを消す方法とは?

 

NHKの「ためしてガッテン」で顔のシミを消す方法が紹介されたのは「戻れ!シミの消えた肌 冬こそ徹底対策」という放送回です。

 

きちんと対策すれば、シミをきれいに消したり薄くできる!というのがテーマで「シミの色」によって対策を使い分けるという内容。

その中で紹介されていたのは「赤いシミ」と「茶色のシミ」の特徴と対策です。

 

顔の赤いシミを消す方法

 

「赤いシミ」は、私たちがイメージする一般的なシミではなく「日光角化症」という紫外線を浴び続けることが原因で起こる皮膚がんの1つ。

表面がザラザラしているのが特徴です。

 

日光角化症とは、

  • その名前のとおり、日光(紫外線)を浴び続けてきたことにより発症する皮膚疾患です。とくに、紫外線のダメージが長年蓄積した、60歳以上の方で多く認められます。
  • 紫外線の影響を直接受ける顔への発生がもっとも多く、手の甲や頭部などにも発症します。大きさは1~2cmほどで、表面にカサカサとした角質やかさぶたなどをともなう、紅くまだら状のシミとして見られることが多いです。

持田製薬より

 

皮膚科で「日光角化症」と診断されると「イミキモドクリーム」という塗り薬が処方されて治療ができます。

正しく治療すれば、肌の奥まで効果が届いて、シミ剥がれてポロっと取れてつるつるの肌がよみがえるそうです。

 

「ためしてガッテン」で紹介されたシミ取りクリームは「日光角化症」の治療薬のことだったんですね。

 

顔の茶色いシミを消す方法

 

そしてもう一つの女性の天敵「茶色いシミ」。

「茶色いシミ」も、ふだんのなにげない「習慣」をやめるだけで、劇的改善が期待できるという。

 

この「茶色いシミ」はメラニン色素が肌の中に滞ってしまうことでおきます。

 

メラニンとは

肌や毛髪、瞳の色を構成する黒色の色素のこと。
皮膚にメラニンが多く含まれると肌は黒く見えます。
メラニンには、「紫外線から皮膚の細胞を守る」という働きがあるため、紫外線を浴びると表皮の奥にある「メラノサイト」というメラニン工場で一生懸命メラニンを作り出して、皮膚への害を食い止めようとします。
このようにしてメラニンが過剰に作られてしまうことが「シミ」の原因です。

 

メラニンが作られる原因の一つに、肌の「摩擦」で起こる炎症があるとのこと。

番組では、摩擦が起きる4つの要因が取り上げられていました。

 

摩擦が起きる4つの要因

  • スキンケアや洗顔で顔をこする
  • メイクのスポンジを強くあててしまう
  • 髪の毛がいつも顔にあたる
  • 顔を触るクセがある

 

この摩擦が原因で起こる茶色いシミは、摩擦をやめることでシミが消えていくそうです。

番組では「摩擦」を減らす3つの対策が紹介されています。

 

摩擦を減らす3つの対策

  1. 洗い流すタイプの洗顔石鹸でよく泡を作って洗顔する
  2. メイク道具を柔らかいアイテムにする
  3. 髪を切る

 

 

ただ、シミの濃さが目に見えるほど減少するまでには、数ヶ月程度の時間がかかるのが一般的です。

地道に続けていけば、確実に肌質は改善しますので、長い目で見て摩擦を減らしていくことをオススメされていました。

 

シミの原因は摩擦の他にも、遺伝や紫外線、女性ホルモンなどがあります。
そのため、摩擦を止めれば、全てのシミがきれいに消えるとは限りません

 

ためしてガッテンのシミ取りクリームとは?剥がれるポロっと取れる?

尖圭コンジローマ治療薬「ベセルナクリーム(イミキモド)」 - 巣鴨千石皮ふ科
https://sugamo-sengoku-hifu.jp/

 

ためしてガッテンで紹介されたシミ取りクリームは、皮膚科で「日光角化症」と診断されると処方される「イミキモドクリーム」でした。

一般名「イミキモドクリーム」は、正式には「ベセルナクリーム」といわれる日光角化症に対して保険のきく唯一の塗り薬です。

 

ベセルナクリームは市販されておらず、薬局やドラッグストアで購入することはできません

また、Amazonのような大手ショッピングサイトでも販売されていません。

 

ですので、赤いシミが気になる方は皮膚科で診察を受けて処方してもらいましょう。

 

剥がれるポロっと取れる?ベセルナクリームを外用する上の注意点

 

ベセルナクリームを塗布した部位やその周囲に強い赤みが出たり、表面の皮膚が剥がれて傷ができる場合があります。

この症状は塗布部位を絆創膏やテープ等で密封した時に特に起きやすいので、医師から特別な指示がない場合はテープなどで覆わないでください。

ベセルナクリームを外用する上の注意点より

 

ベセルナクリームを塗布した時に、シミの周辺が赤くなったりシミがポロっと剥がれて傷ができる場合があるようですね。

ベセルナクリームを外用される場合は、医師の指示をしっかり守って使用してくださいね。

 

では、次に茶色いシミに効く人気のシミ取りクリームをご紹介します!

 

シミ消したい!人気のシミ取りクリーム3選!

第1位 Shinpist(シンピスト)

 

Shinpist(シンピスト)のおすすめポイント

  • シワ改善×シミ予防×保湿の3つ効果
  • 有効成分ナイアシンアミドを配合
  • 三相乳化法を応用した技術
  • 1つで8役の高機能タイプ
  • 形状記憶、形状復元ジェル

 

先行販売でわずか58秒で完売!

「シンピスト」は、化粧水や乳液不要のオールインワンの水分クリーム。ただし、それだけでなくシミとシワのケアも同時に行えます。

 

この製品には、厚生労働省が認めた有効成分である「ナイアシンアミド」が配合されており、医薬部外品として安心して使用できます。

特殊技術である「三相乳化法(さんそうにゅうかほう)」と分子が細かい成分原料の使用により、成分が迅速に浸透し、角質層よりも深い真皮まで届けることが可能です。

 

深いシミやシワは、角質層よりも深い真皮にダメージが及んでいます。

「シンピスト」を使用することで、ナイアシンアミドが真皮まで浸透し、より深いシワやシミに対して効果が期待できます。

 

みずみずしいテクスチャーで驚くほどなじみが良く化粧ノリも変わったきがします。
使い続けるとすっぴんにも自信が持てそう!      57歳 女性

シンピスト公式HP

 

 

【医薬部外品】定期縛りなし!肌の奥から対策する話題のオールインワンジェル『シンピスト』を見てみる  

 

シンピスト50代口コミはある?LDK1位の真相は?使ってみた私の体験談!辛口コスメ雑誌「LDK the Beauty」で1位!58秒で完売した幻の水分クリームの「シンピスト」※LDK the Beauty2022年8月号 大注目成分「ナイアシンアミド」を有効成分として配合し、「ほかにないくらいヤバイ」とまで言われるほどの人気です。 とはいえ、50代の私が使っても効果があるのか気になって購入してみました!...

 

第2位 b.glen(ビーグレン)



ビーグレンのおすすめポイント

  • 高濃度ピュアビタミンC、純ハイドロキノン、レチノールなど、攻めの美容成分を配合。
  • ドラッグデリバリーシステムによって、安定した状態で、肌負担を軽減し、確実に成分を届ける。
  • 専門知識を持つスキンケアコンサルタントによる無料肌相談。(深夜・早朝も対応)

 

40歳からの本格ホワイトケア!薬学博士が開発したサイエンスコスメ「b.glen(ビーグレン)」

科学的エビデンスのある美容成分とドラッグデリバリーシステムによって「深刻な肌悩み」を解決してくれます。

 

初回限定7日間のトライアルセットは、定期購入ではないので安心してお試ししてみてくださいね!

 

【定期購入なし】頑固なシミを消すサイエンスコスメb.glenを見てみる

第3位 ランテルノ【ホワイトHQクリーム 】



頑固な肌トラブルを解決する本格スキンケア製品ランテルノ「ホワイトHQクリーム 」。

「ハイドロキノン」を専門機関レベルの5%まで配合した実感力の高い製品です。

 

合わせて、肌を健やかにするAPPS(ビタミンC誘導体)やビタミンA誘導体、保湿成分など12種類のこだわり成分を配合しています。

商品価格や内容量でコスパが良くお求めやすい価格も嬉しいポイント。

 

 国内生産でこの濃度はなかなかないので、 お家で本格的なケアをし方におすすめです。

 

ハイドロキノン5%の実感力。ランテルノを見てみる

 

まとめ

 

ためしてガッテンのシミ取りクリームや顔のシミを消す方法を紹介してまいりました。

「ためしてガッテン」で紹介されたシミ取りクリームは「日光角化症」の治療薬のことだったんですね。

 

そして、メラニンが作られる原因の一つに、肌の「摩擦」で起こる炎症があるとのことがわかりました。

シミができる原因の1つ、摩擦が起きる4つの要因をもう一度確認しておきましょう。

 

摩擦が起きる4つの要因

  • スキンケアや洗顔で顔をこする
  • メイクのスポンジを強くあててしまう
  • 髪の毛がいつも顔にあたる
  • 顔を触るクセがある

 

美白は1年中やって当たり前の時代になってきたので、皆さんも賢くシミを消す方法を取り入れてみてくださいね。

 

関連記事

ニベア青缶で顔のシミを消す方法?ためしてガッテン塗り?自分で取る方法を紹介!ニベアの青缶は「3万円相当の高級クリーム『クレーム ドゥ・ラ・メール』に成分がそっくり…!」と話題になったことで、さらに大人気商品になりましたよね。 そんな高級クリームとニベアの青缶の効果の違いをみつけたので、皆さんにシェアしていきますね。 あわせて、ガッテン塗とは?シミが消える?などの話題も徹底検証いたします。...
ためしてガッテンの歯が白くなる方法!スウェーデン式歯磨き法とは?ためしてガッテンで紹介された歯磨き方法が話題になりました。 そこで紹介されたのが、歯みがき後に「口をゆすがない」という衝撃の歯みがき法です。 これは、国民の虫歯を大きく減らすことに成功したスウェーデンの歯磨き方法になります。...
Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.
テキストのコピーはできません。