40代50代ファッション PR

ドクターマーチンはおばさんだと痛い?40代50代女性のコーデのコツ!

 

「ドクターマーチンをおばさんが履くと痛いのかな、40代50代女性のコーデのコツは?」

 

イギリス発のフットウェアブランドの「ドクターマーチン」

耐久性のある革製品とエアクッションソールが特徴で、幅広い世代に愛されています。

 

ですが、おばさんが履いたら痛いのではないかと気になるのではないでしょうか。

そいうわけで今回は、ドクターマーチンのおばさんだと痛いのか、40代50代女性の痛いと思われないコーデのコツをご紹介します。

 

【楽天】「Dr.Martens(ドクターマーチン)」をチェック!

 

ドクターマーチンはどんなブランド?特徴は?

ドクターマーチン(Dr. Martens)は、イギリス発祥の伝統的なフットウェアブランドです。

1947年にドイツの医師クラウス・マーチンによって開発され、その後イギリスで製造が始まりました。

 

このブランドの最大の特徴は、革新的なエアクッションソールと耐久性の高い革製品です。

当初は労働者階級に人気でしたが、1960年代にはサブカルチャーの象徴として若者文化に広まり、特にパンクロックシーンと密接に関連しました。

 

アイコニックな8ホールブーツは、その耐久性、快適さ、そして独特なスタイルで世界的に愛されています。

ドクターマーチンは、ファッションアイテムとしてだけでなく、文化的なアイコンとしても広く認識されており、様々な世代やサブカルチャーに受け入れられています。

 

 

ドクターマーチンはおばさんだと痛い?年齢層はどのくらい?

 

ドクターマーチンは、40代50代女性が履くと痛いのでしょうか?

結論、40代50代女性が履いても痛いことはありません。

 

なぜなら、ドクターマーチンは、その独特なスタイルと耐久性で、幅広い年齢層に愛されているフットウェアブランドだからです。

それゆえ年齢層は、20代~50代以上と幅広い年代に選ばれています。

 

特に若者や学生に人気があり、ファッションに個性を求める20代から30代の大人たちにも支持されています。

その独特な魅力は、サブカルチャー愛好者にも長年にわたって愛されてきました。

 

また、40代50代女性にも受け入れられており、ドクターマーチンの品質と快適さを高く評価しています。

ドクターマーチンの靴は、その多様なデザインがさまざまなファッションスタイルにマッチし、年齢を超えて多くの人々に選ばれているのです。

 

 

ドクターマーチン40代50代痛くならないコーデのコツ!

 

ドクターマーチンの40代50代女性の痛くならないコーデは次の3つがポイントです。

  1. バランスを意識する
  2. シンプルなアイテムと合わせる
  3. ベーシックな色を選ぶ

 

バランスを意識する

ringofriruさんの(BASEMENT online)を使ったコーディネート
掲載:wear

 

ドクターマーチンはそのボリューム感から、全体のバランスが重要です。

タイトなジーンズやスキニーパンツと組み合わせることで、足元の存在感を引き立てつつ、スタイリッシュな印象を与えます。

 

また、ロングスカートやハーフパンツとの組み合わせも、脚をすっきり見せる効果があります。

重たく見えがちなブーツを、スマートにバランス良く取り入れることがポイントです。

 

シンプルなアイテムと合わせる

MAKIさんの「TORI-TO × BEAMS BOY / 別注 コラージュ ロングスリーブ Tシャツ(BEAMS BOY|ビームスボーイ)」を使ったコーディネート
掲載:wear

 

ドクターマーチンを大人っぽく洗練されたスタイルで履くには、シンプルなアイテムとの組み合わせが鍵です。

無地のトップスやミニマルなデザインのドレス、シンプルなカットのコートなど、装飾が少ないアイテムを選ぶと、ドクターマーチンの個性が際立ちます。

 

派手すぎない落ち着いたスタイルで、大人の魅力を引き出しましょう。

 

ベーシックな色を選ぶ

ringofriruさんの(coca(coca))を使ったコーディネート
掲載:wear

 

ドクターマーチンを履く際の色使いは、大人の雰囲気を出すために重要です。

ブラックやダークブラウンなどのベーシックな色を選ぶと、洗練された印象になります。

 

明るい色や派手なデザインは、コーディネートが難しくなることがあるため、シンプルで落ち着いた色合いを選ぶことがおすすめです。

大人の落ち着きと品格を演出するために、色の選択には慎重になりましょう。

 

 

ドクターマーチン40代50代スタイル別コーデ!

カジュアルなデニムスタイル

Ririさんの(JOURNAL STANDARD)を使ったコーディネート
掲載:wear

 

スキニーまたはストレートカットのデニムにドクターマーチンを合わせ、トップスはシンプルなTシャツやニット、カジュアルシャツがおすすめ。

デニムジャケットやレザージャケットを羽織ると、おばさんでもより洗練された印象に。

 

このスタイルは日常的でありながら、ドクターマーチンがアクセントになり、エッジの効いた印象を与えます。

 

フェミニンなスカートやワンピース

 

ドクターマーチンをフローラルプリントのワンピースやミディ、マキシ丈のスカートと合わせると、甘辛ミックスのコーディネートが完成。

タイツやレギンスを加えると季節感が出て、フェミニンながらも力強いスタイルになります。

 

この組み合わせは、女性らしさと個性を同時に表現できておばさんのいけてるコーデにおすすめです。

 

モノトーンスタイル

ringofriruさんの(COMME des GARCONS COMME des GARCONS)を使ったコーディネート
掲載:wear

 

黒、白、グレーなどモノトーンでコーディネートし、ドクターマーチンを合わせると、シックで洗練された印象に。

シンプルな色合いでまとめることで、靴が際立ち、おばさんでもスタイリッシュな雰囲気を演出できます。

 

このスタイルは、都会的でモダンな印象を与えるために最適です。

 

オーバーサイズのアウター

MAKIさんの「襟付きキルトライナージャケット レオパード柄(FREAK'S STORE|フリークスストア)」を使ったコーディネート
掲載:wear

 

オーバーサイズのコートやジャケットをドクターマーチンと合わせると、現代的で都会的な雰囲気に。

パンツスタイルとの組み合わせは特におすすめで、おばさんでもクールで洗練された印象を与えます。

 

このコーディネートは、快適さとスタイルを両立させます。

 

まとめ

 

ドクターマーチンおばさんコーデ3つのコツと40代50代女性は痛いのかをご紹介してきました。

 

ドクターマーチンのおばあさんコーデは次の3つがポイントです。

  1. バランスを意識する
  2. シンプルなアイテムと合わせる
  3. ベーシックな色を選ぶ

 

40代50代の年齢を重ねた女性でもドクターマーチンをエレガントに履きこなし、おしゃれを楽しむことができます。

ドクターマーチンをコーデに取り入れることで、いつもの服装が新鮮に見えること間違いなしです。

 

ぜひ、あなたにぴったりのドクターマーチンを見つけてくださいね!

 

【楽天】「Dr.Martens(ドクターマーチン)」をチェック!

 

関連記事はこちら

おばさんに見えないメガネの色は?50代の若く見えるメガネを紹介!年齢と共に変わる肌や髪の色に合わせ、似合うメガネの色も変化します。 肌色やライフスタイルに合わせた色選びは、年齢を重ねても若々しさと上品さを保つ秘訣です。 とはいえ、おばさんに見えないメガネの色はどんな色がいいのか気になりますよね。...
ルコックのスニーカーはおばさんでダサい?50代は?年齢層を紹介! 「ルコックのスニーカーはおばさんぽくてダサいの?痛いって本当かな、年齢層が知りたい」 スポーティでシンプル、レトロ...
ブーツはいつまで履いていい?春まで?ショート・ロングブーツは何月まで?ブーツはコーディネートのアクセントとして、とても優れたアイテムです。 そんなブーツですが、いつまで履いていいのか気になるのではないでしょうか。 ブーツは秋冬の定番アイテムですが、実は季節感を上手く取り入れれば、春先まで幅広く活用することが可能です。...
40代50代ロングブーツは痛い?何歳まで?おばさんOK!コーデを紹介!ロングブーツは、その名の通り、脚の長さを強調し、スタイルアップ効果をもたらすアイテムとして多くの女性に愛されています。 ですが、40代50代がロングブーツを履くと痛いと思われないか気になりますよね。 結論から言うと、40代50代に人気の雑誌「eclat」でもロングブーツ特集が組まれているので痛くはありません。...

https://nipponbudokan.jp/sneakers-that-go-well-with-skirts/