アラフィフからの女磨き
元アパレル店員が伝授したいこと
40代痛いファッション

40代50代でスキニーは痛い?脱ダサいピチピチ!レディースジーンズの選び方3選!

アラフィフ主婦
アラフィフ主婦
40代になってスキニーをはいてたら痛いかな?

 

「ボディーラインを出す自信がない...」

「はきたいけどもう履けない...」

 

30代の頃はスキニーデニムを履きこなせていたのに、40代になって何だか最近スキニーデニムが似合わなくなってきたと思うことはないでしょうか?

 

スキニーデニムといえば、股上が浅く腰から太もも、ふくらはぎから足首にかけてボディラインにピッタリフィットするようなシルエットですよね。

 

40代からは今すぐデニムをアップデートするべきです!昔のようになんとなく選んでいたら野暮ったく見える恐れが。

 

そんなことにならないよう今回は、「40代50代でスキニーは痛い?脱ダサいピチピチ!レディースジーンズの選び方3選!」をお伝え致します。

 

40代50代でスキニージーンズは痛い?

ローライズのスキニーデニムを履いていて、しゃがんで後ろから下着が見えている人いませんでした?

 

意外と他人は教えてくれないもの...40代でさすがにこれは痛いですよね。

 

ローライズはお尻が小さく、おなかぺったんこの若者に似合うスタイルで誰にでも似合うスタイルではありません。

 

また、丸みが帯びてきた体型にはお腹の肉がウェストラインに乗っかってしまいお腹が段々に見えてしまいます。

 

40代50代が選ぶべきスキニーデニムはハイライズで膝から足首にかけて程よいゆるみがあるシルエットがベスト。

 

そしてスキニーデニムを選ぶ時はトレンドのシルエットよりも自分の体型に合うものを選びましょう。

 

細く見せようとしてはいたスキニーが膝の上の肉をひろい、かえって太く見えるなんてことも。

 

40代50代でサロペットは痛い?NGコーデといける大人のサロペット6つのコツ!最近人気のサロペット。40代女性が着てもいいのかな?着てみたいけど痛くなったら嫌だし... って思っている人は少なくないかと思います。 実はサロペット、コツをつかめば大人っぽく着れるし体型がキレイに見えるんです。 でも一歩間違えると痛い若作りコーデになるので注意が必要。...

 

40代50代からの美脚に見えるレディースジーンズの選び方3選!


https://www.pinterest.jp/pin/461337555584694543/

 

アジア人の体型は一般的に腰の位置が低く、お尻も平な作りで横よりも下に広がりがあります。

 

さらに出産をすると女性は体型に丸みが出てきます。

 

そして体型維持に力を入れない限り、バスト、ウェスト、ヒップの位置が低くなってきたりと体型が変化するもの。

 

40代からのデニムを選ぶポイントはサイズやシルエットなど、きちんと見直しアップデートすることが、洗練された大人の女性への近道です。

 

「私はこのサイズ!」で選んでない?3サイズ試着してみて!

「昔はこのサイズが入ってた...」

 

年を重ねた女性でこの呪縛から中々抜け出せない人は少なくありません。

 

そしてワンサイズでも小さいデニムに体をねじ込みたいのが女心というものです。

 

でもその「ぴっちり感」こそが古くさく見せる原因。

私もアパレル時代、よくこの光景を目にしました。でも、仕方ないんですよね。

 

40代の女性って仕事や家事、子育てと忙しくて正直自分のファッションなんて構ってられない時期なんです。

 

そして、めんどくさいから「試着しなくていいの、私このサイズだから」と言って試着しない人の多いこと。

 

長年そのブランドを愛用していてサイズ感がわかっていても、デザインやトレンドによって同じサイズでも大きさが違うことがあるんですよね。

 

だから明らかにそのサイズはムリでしょう。と思うお客様には「騙されたと思ってこちらを一度試着してみて下さい」とおススメするようにしていました。

 

そして後ろ姿やサイドを確認して、引きつれや食い込みのない本来のフィット感やリラックスした落ち感など、今っぽいシルエットに出会えて納得して1サイズ上げたものを選んでくれます。

 

食い込みはムリしてる感がでるので、ぜひ試着の際は1~2サイズ上げたものをはき比べたり、しゃがんだり、歩いたりして鏡で後ろ姿をチェックして下さいね。

 

サイドの縫い目が曲がったり波打っていると「ぱつぱつ感」が、サイズを上げることで、適度な落ち感がでてきれいにみえます。

 

40代50代痛いおばさんファッション5選!今さらダサいあるあるアイテムと痛くないファッションとは?女性はいくつになっても、キレイで若々しくいたいものですよね。 いつもキレイでいたいと心がけているのに、痛いダサいおばさん認定されてしまうファッションもあります。 どんなファッションが痛いおばさん認定されてしまうのでしょうか?...

 

すそのシルエットでベストバランスは変わる!

足首のところでクシュクシュたるませたり、ヒールにすっぽりかぶせたりするのは今っぽさに欠けるし、抜け感がなくなってしまいます。

 

すそのシルエットで最適丈が違うので見比べてみてくださいね。

 


https://www.pinterest.jp/pin/794744665484339440/

 

テーパードデニム
  • パンプスだとくるぶしが隠れるくらい、ブーツだとやや筒口が見えるのがベスト。
  • 足首でたるませたり、ブーツインだと昔風に。
  • 9分丈で女性らしさを

 

 https://www.pinterest.jp/pin/490048003208563820/

 

ワイドデニム
  • ブーツだとヒールがやや隠れる長さが〇。
  • パンプスを合せるときは甲が少しだけ見えると女らしい。
  • かかとに「ほんの少し」かかるのがきれいめ見えするベストバランス

 

 後ろ姿が若返る!ポケットの位置に注目。

 

形ばかりに目が行きがちだけど、実は一番注目すべきはポケットの位置です。

 

ポケットの位置で、後ろ姿が若返ると言っても過言ではありません。

 

内側に寄っていればキュッと小尻に、上めの位置についているとヒップアップ効果を得られます!

 

小さいサイズを無理やりはくとお尻の丸みや高さが潰されるだけでなく、ポケットが正しい位置にこないせいでお尻が垂れて見えちゃいます。

 

ぷるんと丸く、ハリのあるお尻ではくのがデニムのカッコよさです。

 

ポケットはお尻の高い位置の少し上に、ハの字にならないようフィットするものを。

 

またお尻の下がつまめるくらいのゆとりを持って。このゆとりがあれば太ももにめり込むこともなく、後ろ姿を若返らせてくれます。

 

40代50代でリュックは痛い?大人の綺麗めレディースリュックおすすめブランドBest10!最近は、リモートワークが増えてパソコンを持ち歩く機会があったりと、バッグのサイズが変わった人も少なくないのではないでしょうか? そんな荷物が多い時に役立つのが「リュック」。 でも「リュック」はカジュアル過ぎると子供っぽくなってしまうので大人の女性が持つと浮いてしまわないか心配ですよね。 そこで今回は「40代でリュックは痛い?子供っぽくない大人の綺麗めリュックBest10!」をご紹介いたします。...

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は「40代50代でスキニーは痛い?40代からのレディースジーンズの選び方3選!」についてお伝えしてきました。

 

あなたに、今回解説してきた中でとても大切なことをまとめます。

 

40代50代でスキニーは痛い?

40代50代が選ぶべきスキニージーンズはハイライズで膝から足首にかけて程よいゆるみがあるシルエットがベスト。

 

40代50代からのデニムの選び方

  • 3サイズ試着してみて
  • すそのシルエットでベストバランスは変わる
  • 後ろ姿が若返る、ポケットの位置に注目

 

以上があなたへお伝えしてきた記事内容のまとめになります。

 

「なんか最近スキニーが似合わなくなったな...」と感じ始めた人は、実はラッキーな人。

 

これまでの服が似合わなくなったということは、自分自身を見つめ直すチャンスだからです。

 

ファッションを見直すことは、自分自身に向き合い、自分を大切にし、そして自分を好きになることにもつながります。

 

40代からでももっとファッションを楽しんでほしい、そしてもっと人生を楽しんでほしいという想いを込めて。

 

ためしてガッテンで紹介!ニベア青缶でシミ消える?取れる?顔のシミを消す方法7選!ニベアの青缶は「3万円相当の高級クリーム『クレーム ドゥ・ラ・メール』に成分がそっくり…!」と話題になったことで、さらに大人気商品になりましたよね。 そんな高級クリームとニベアの青缶の効果の違いをみつけたので、皆さんにシェアしていきますね。 あわせて、ガッテン塗とは?シミが消える?などの話題も徹底検証いたします。...