60代ファッション PR

60代が着てはいけない色は?60代女性が似合う色や選び方を紹介!

 

「60代が着てはいけない色はある?似合う色や選び方が知りたい」

 

60代のファッションにおいて色の選び方は非常に重要です。

年齢とともに肌のトーンが変化するため、以前好んでいた色が似合わなくなることもありますので、定期的に色選びを見直すことがおすすめです。

 

そういうわけで今回、60代が着てはいけない色や似合う色の選び方をご紹介します。

60代が着てはいけない色の避けるべき理由もお話ししますね!

60代着てはいけない服、60代着てはいけない色、60代痛いファッション、60代お手本ファッション
60代が着てはいけない服10選!痛いファッションとお手本コーデを紹介!60代女性に似合うファッションの極意は、自信と品格を纏うこと。 そして流行に左右されず、自分に合ったスタイルを見つけることが大切です。 とはいえ、60代が着てはいけない服があるのではないかと気になりますよね。...

60代が着てはいけない色はある?避けるべき理由

 

60代が着てはいけない色は次の6つがポイントです。

  1. くすんだ色
  2. 真っ赤
  3. 真っ白
  4. 鮮やかな黄色
  5. 鮮やかなブルー
  6. コントラストの大きい柄

 

くすんだ色

 

60代でくすんだ色を避けるべき理由は、これらの色が肌をさらにくすませ、疲れた印象を与える可能性があるためです。

年齢を重ねると自然と肌の明るさや弾力が減少し、くすんだ色はこのような変化を強調してしまいます。

 

優しい色彩を選ぶことで、全体の印象を若々しく保つ助けになります。

真っ赤

 

真っ赤は非常に強い印象を与える色であり、60代の方が着用すると過度に挑戦的で攻撃的に見えることがあります。

特に、この年齢層の方々が社会的な集まりやフォーマルな場においては、より柔らかな色調が適切とされます。

 

真っ赤は若々しさを演出することができますが、場合によっては不自然に映るリスクがあります。

真っ白

 

真っ白は清潔感と洗練されたイメージを与えますが、60代の方が着用すると、肌の自然なくすみを際立たせ、老けて見えることがあります。

また、真っ白は非常に目立ち、シミやしわなどの小さな欠点も目立たせがちです。

 

柔らかいホワイトやクリーム色など、ややオフホワイトのトーンが推奨されます。

 

鮮やかな黄色

 

鮮やかな黄色は非常に明るく活発な印象を与える色ですが、60代の方が着用すると、その鮮烈な色合いが過剰に若作りと映り、周囲との調和を欠くことがあります。

肌の色との相性が合わない場合、不自然で浮いた印象を与えるため、控えめな色の選択が望ましいです。

鮮やかなブルー

 

鮮やかなブルーも同様に、非常に明るく爽やかな印象を与えますが、60代の方にはカジュアルすぎると感じられることがあります。

また、この明るい色は若々しいイメージを強調しすぎることがあり、自然な年齢に見合った威厳を損なう可能性があります。

 

落ち着いたトーンのブルーがより適切です。

 

コントラストの大きい柄

 

コントラストの大きい柄は、明度差や彩度差が強く、60代以上の方が着用すると顔色をくすませたり、視覚的に不快感を与える可能性があります。

これは、落ち着きや品のあるスタイルに逆効果です。

 

適切な対処法として、柄のサイズを小さくしたり、色彩を柔らかくすることがおすすめ。

例えば、細かいストライプやダークグレーとライトグレーの組み合わせが良い選択肢となります。

60代が似合う色は?

60代に似合う色は、その人の肌の色、髪の色、目の色によって異なりますが、一般的に以下のような色が推奨されることが多いです。

ネイビー

 

ネイビーブルーは万能な色で、どんな年代にも適していますが、特に60代にはぴったりです。

この色はフォーマルなシーンでのエレガントさを演出しつつ、カジュアルな装いでも洗練された印象を与えます。

 

ネイビーは青の深い色合いで落ち着いて見えるため、成熟した大人の魅力を引き立てます。

グレー

 

グレーはそのニュートラルな色合いが60代の方々に多様なスタイリングの選択肢を提供します。

ライトグレーからチャコールグレーまで幅広いトーンがあり、どれも年齢を問わず使いやすいです。

 

グレーは他の色との組み合わせが容易で、シックで落ち着いた雰囲気を作り出します。

ボルドー

 

ボルドーは温かみのあるリッチな色で、60代の方々に深みと洗練をもたらします。

この色は特に秋冬に人気があり、コートやアクセサリーに取り入れることで豊かなスタイルが完成します。

 

ボルドーは肌を健康的に見せる効果もあり、年齢に関わらず使える色です。

ベージュ

 

ベージュは柔らかな色合いで、60代の方々に自然な美しさを引き出す効果があります。

この色は他の明るい色や柄物とも調和しやすく、どんな場面でも安心して着用できる色です。

 

ベージュは優雅さと上品さを兼ね備え、どんな肌色にもマッチします。

ソフトピンク

 

ソフトピンクは60代の方々に若々しさと温かみをもたらします。

この色は肌を明るく見せ、フレッシュな印象を与えるのに効果的です。

 

ソフトピンクは特に春の装いに適しており、穏やかで女性らしいスタイルを演出します。

 

60代の似合う色の選び方

 

60代の似合う色を選ぶ際のさらなる詳細と具体的なアプローチを掘り下げます。

この年代での色の選び方は、単にスタイリッシュであるだけでなく、自分自身の個性と年齢を最も良く引き立てる方法です。

肌の健康状態を見極める

 

60代になると、肌の色ムラやくすみが目立ちやすくなります。

そのため、これらの変化をカバーし、健康的な印象を与える色を選ぶことが重要です。

 

例えば、明るいトーンの色は肌を明るく見せるのに役立ちますが、過度に明るい色は逆に疲れた印象を与えることがあるので注意が必要です。

色を選ぶ際は自然光の下で試着をし、その色が自分の肌色をどのように引き立てるかを確認しましょう。

ソフトで自然な色を選ぶ

 

年齢と共に、派手な色よりもソフトで自然な色の方が好まれる傾向にあります。

パステルカラーやニュートラルカラーは、服の選び方に柔軟性をもたらし、様々なシーンで活用できます。

 

たとえば、ソフトなベージュ、アーストーン、または温かみのあるカーキは、安定感がありつつも現代的な印象を与えます。

トレンドカラーとクラシックカラーのバランス

 

トレンドを取り入れることも重要ですが、60代の服装ではクラシックカラーを基本とすることが多いです。

ただし、小物やアクセントとしてトレンドの色を取り入れることで、現代的な雰囲気をプラスすることができます。

 

例えば、ネイビーやグレーのアウトフィットに、季節のトレンドカラーをスカーフやバッグで取り入れると、スタイリッシュで若々しい印象を与えることができます。

シーズンごとの色の選び方

 

季節によって適した色が異なります。

春や夏はライトブルーやソフトピンクなどの明るく清涼感のある色が適しています。

 

一方で秋や冬は、ボルドーやダークグリーンなど、少し深みのある色が季節感を感じさせ、温かみのある印象を与えます。

パーソナルカラーを知る

 

自分のパーソナルカラー(肌、髪、瞳の色に基づいた似合う色)を理解することも非常に有効です。

パーソナルカラーに基づいた服の選び方は、自然な美しさを引き立て、他人からの印象も良くします。

 

プロのカラーコンサルタントに相談するのも一つの方法です。

60代が着てはいけない色についてのよくある質問

ラベンダー色を着ると老けて見えますか?

A.暗く青みの強いラベンダーは特にイエローベースの方が身につけるとどっと老けて見えてしまいます

参考:40、50、60代が綺麗に見えるラベンダーカラー!老け見えしないための選び方

肌が明るく見える服の色は?

A.肌を明るく見せる服の色には、青系、パープル系、グレー、淡い色などがあります。

また、白い洋服は顔を明るく、肌をきれいに見せてくれます。

まとめ

 

60代が着てはいけない色や似合う色と選び方をご紹介してきました。

60代が着てはいけない色は次の6つがポイントです。

  1. くすんだ色
  2. 真っ赤
  3. 真っ白
  4. 鮮やかな黄色
  5. 鮮やかなブルー
  6. コントラストの大きい柄

 

60代が着てはいけない色を知れば、自然で健康的な印象を与え、若々しさを保つことができます。

肌のトーンを考慮した色選びが、60代の魅力を最大限に引き出してくれるでしょう。

 

60代ファッション関連記事

60代ジャンパースカート痛い?大人の着こなしとおすすめコーデを紹介!ジャンパースカートは、体型をカバーしつつ、女性らしいシルエットを強調することができるのも大きな魅力。 とはいえ、60代のジャンパースカートは痛いのではないかと気になるのではないでしょうか。...

https://nipponbudokan.jp/attire-for-a-60-year-old-mothers-face-to-face-meeting/

森ガールが似合う人5つの特徴!50代60代のおばさんはダサい?森ガールは、自然を愛し、ナチュラルで柔らかな雰囲気を大切にするファッションスタイルです。 ですが、おばさんが森ガールファッションだと痛いしダサいのではないかと気になるのではないでしょうか。...
Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.
テキストのコピーはできません。