アラフィフからの女磨き
元アパレル店員が伝授したいこと
年を重ねても綺麗な女性

40代50代何を着たらいいかわからないあなたへ。美人に見える服教えます!

アラフィフ主婦
アラフィフ主婦
40代50代になって何を着たらオシャレに見えるかわからないのよね~

 

その気持ち、わかります!

 

こんにちは、元アパレル店員でアラフィフ主婦のnobueです。

 

というのも、ファッションと密に過ごしてきた私でさえ、年齢とともに合うものが変わってきて、とまどいながらも試行錯誤し、その都度乗り越えているから。

 

その中で今回大人の女性が、ただ着るだけで美人に見えるアイテムが5つあります。

 

「40代50代になって何を着たらいいかわからない」

 

というかたは、まず5つのアイテムを揃えてみてください!

 

若い子ではなく、大人の女性にこそ着て欲しいアイテムです。

 

40代50代何を着たらいいかわからないあなたへ。美人に見える服教えます!

体型をカバーしてくれる「とろみシャツ」

 

この投稿をInstagramで見る

 

SpinTheEarth(@spin.the.earth)がシェアした投稿

いい女に見える代表は、とろみシャツ。ただ着るだけで、本来の体重の3キロは軽くみせてくれます。

 

大人の女性なら絶対に持っておくべき服のひとつです。

 

私は二の腕が太いのを気にしてるのですが、「とろみシャツ」を着ると体型がカバーできるので欠かせないアイテムになっています。

 

とろんと体に溶けるようによりそい、触れてみても柔らかい、まさに女性らしさのかたまりのようなアイテム。

 

嫌味なく体のラインを浮き立たせ、落ち感のある素材だから、細く見せたい部分は実際より細く見えるし、肩先の形をとても綺麗に見せるから、すべての骨格が美しい人だと錯覚させます。

 

襟もとをしっかり締めても十分女っぽいし、2つほどボタンをあけたりするのも生地に品があるから清楚な女らしさがでます。

 

中でもおススメは、ボウタイがついているもの。ボウタイはバストのボリュームを増して見せます。

 

首元にもボリュームができるから、顔や肩がほっそりみえるのもいいですよ。

 

柔らかな色は、やさしく透明感のある女性に、深い色は肌とのコントラストで、凛とした強さを含んだ美しい女性にみせてくれます。

 

生地の落ち感がキレイなので、デザインはシンプルなものを選ぶというのも重要です。

 

40歳以上に履いて欲しい「ペンシルスカート」

アラフィフ主婦
アラフィフ主婦
ペンシルスカートってどんなスカート?

 

ペンシルスカートとは、鉛筆のように細長いシルエットのスカートのこと。特に太ももからスソに向かってすぼまっていくラインが特徴です。女性らしいスタイルを演出するには最適なアイテム。

 

年齢と共に体のラインやフォルムが変わるのに伴って、体を美しく見せてくれるものも変わります。

 

わかりやすく違いがでるのがスカートの丈。

 

どれだけ脚に自信があっても、40歳以上は脚を出しすぎると大人としての色気は薄れます。

 

大人になったなら膝が隠れるくらいの丈がいい色気をだしてくれます。

 

年齢でもたつき始めた膝まわりの肉やたるみはじめた腿もカバーできるし、膝より下を見せることで、ふくらはぎからすっと細くなる足首までのラインが目立ち、脚がスラっと見えやすい。

 

ペンシルスカートがつくりだすのは、きゅっとしまったウエストと、そこからのヒップの曲線です。

 

女性だけが持つ丸みを、この上なく美しく浮き彫りにしてくれます。

 

このスカートがすごいのは、すっと膝に向かってすぼまることで、さらにヒップを際立たせること。そうすると、脚が細く長く見えます。

 

見えるふくらはぎも普段の服より数段女っぽく、足首だって細くしまって見えます。

 

ペンシルスカートを選ぶポイントは、とにかくヒップの位置が低くならないものです。

 

せっかくスタイルを良くみせてくれるものなので、ヒップの曲線も下になりすぎないものにしましょう。

 

40代50代痛いおばさんファッション5選!今さらダサいあるあるアイテムと痛くないファッションとは?女性はいくつになっても、キレイで若々しくいたいものですよね。 いつもキレイでいたいと心がけているのに、痛いダサいおばさん認定されてしまうファッションもあります。 どんなファッションが痛いおばさん認定されてしまうのでしょうか?...

 

「いい女」の体を手に入れられる「フレアスカート」

フレアスカートを選ぶポイントは、ボリュームがあるスカート。ボリュームがあるほど、ウエストが細くみえます。

 

歩くたび、風が吹くたびに、揺れたり透けたりするのが柔らかな女らしさを。

 

そして、このスカートを履くときには、袖にボリュームのあるトップスを着るとウエストがより細く見え、また、メリハリができて格段に女性らしい体つきになります。

 

バストも大きくみえ、ゴージャスに、華やかに見えるコーディネートです。

 

反対にトップスをすっきりしたものや体に沿うリブ素材のものにするとバストの曲線が美しく見えます。上をすっきりさせるとスタイルがよく見えます。

脚をきれいに見せてくれる「ハイライズパンツ」

パンツなら、ハイライズのものを持ちましょう。

 

ヒップを綺麗に見せながら、腰の位置を高く、脚を長く見せてくれます。

 

ウエストをジャストサイズのものを必ず選んでください。フィットするものを選ぶことで、さらに脚をまっすぐ綺麗に見せてくれます。

 

ジャストサイズなウエストを選ぶと、「ウエスト」に意識が向くから、体型維持のモチベーションも発揮してくれます。

 

ただ、パンツは「お尻」で履きこなすもの。垂れてしまった平坦なヒップだと、本来の効果が半減してしまいます。

 

日頃から垂れないケアも大事ですね。

 

40代50代でスキニーは痛い?脱ダサいピチピチ!レディースジーンズの選び方3選!「ボディーラインを出す自信がない...」 「はきたいけどもう履けない...」 30代の頃はスキニーデニムを履きこなせていたのに、40代になって何だか最近スキニーデニムが似合わなくなってきたと思うことはないでしょうか? スキニーデニムといえば、腰から太もも、ふくらはぎから足首にかけてボディラインにピッタリフィットするようなシルエット。...

 

最高に女らしくみせてくれる「ジャケット」

最後にハンサムなジャケット。これは、最高に女らしくみせてくれます。

 

レースやフリルなどが入ったフェミニンなデザインではなく、シンプルなものにしましょう。

 

かちっとしたハンサムなものがいちばんです。ただ、生地は厚すぎないものがいいでしょう。

 

これをとろみシャツや、やわらかい素材のワンピースなど、「女っぽい」服にあわせたときの「格別ないい女」の空気は、ジャケットにしか出せません。

 

ジャケットは、手を通さず肩にかけるとさらに「いい女」の匂いが濃くなります。

肩にかけることで肩幅が広く見えるから、顔との差がでて顔が小さく見えるし、こなれた感じも出ていいことずくめ。

 

手を通す場合は、袖をまくったり、引き上げたりして手首を見せると華奢さがでます。

 

40代50代でサロペットは痛い?NGコーデといける大人のサロペット6つのコツ!最近人気のサロペット。40代女性が着てもいいのかな?着てみたいけど痛くなったら嫌だし... って思っている人は少なくないかと思います。 実はサロペット、コツをつかめば大人っぽく着れるし体型がキレイに見えるんです。 でも一歩間違えると痛い若作りコーデになるので注意が必要。...

 

まとめ

「40代50代から何を着たらいいかわからない」あなたに大事なことをまとめました。

  • ただ着るだけでマイナス3キロ!体型をカバーしてくれる「とろみシャツ」。
  • 「ペンシルスカート」は脚を出さずに女らしさがでる。
  • 「フレアスカート」はいい女の体を手に入れられる。
  • ヒップを綺麗にみせながら、脚を長く見せてくれる「ハイライズパンツ」
  • 女っぽい服にあわせた時の「ジャケット」は、格別ないい女の空気を出してくれる。

 

ぜひ、「着るだけで美人に見える服」を試してみてくださいね。

 

~応援よろしくお願いします~

にほんブログ村 ファッションブログ 40代女性ファッションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 50代女性ファッションへ
にほんブログ村