40代50代ファッション PR

40代50代レディース喪服のハイブランドどこで買う?人気のおすすめを紹介!

 

「40代50代のレディース喪服のハイブランドはどこで買うの?人気のおすすめ喪服が知りたい」

 

40代50代になっていざ喪服を着ようと出してみるも、何だか今の自分にしっくりこない、という方も少なくないかと思います。

喪服は、大人の女性のたしなみとして用意しておきたい必須アイテム。

 

親族で撮る集合写真もありますし、痛い嫁認定されないためにもきちんとした装いで写りたいですよね。

では、40代50代のレディース喪服のハイブランドはどこで買えばいいのでしょうか?

 

そういうわけで今回は、40代レディース喪服2024年の最新情報をご紹介してまいります。

必要なときは突然訪れるもの、いざとなったとき適当に選んで居心地が悪くならないよう「備えあれば憂いなし」で準備しておくと安心です。

 

40代50代レディース喪服ハイブランドの選び方

品質は印象を大きく左右する

 

喪服の品質はその印象を大きく左右します。

高品質なウールは耐久性と落ち着いた質感を提供し、シルク混紡は上品な印象を与えてくれます。

 

また、細かい織りの生地はよりフォーマルな印象に。

喪服は長期間使用することを考え、初期投資は高くても耐久性のある素材を選ぶことが経済的です。

 

また、季節に応じた素材選びも重要で、夏は薄手のウールが適しています。

 

クラシックなデザインを選ぶ

 

喪服のデザインはクラシックで時代に左右されないものが望ましいでしょう。

ジャケット選びでは、前面に一列のボタンがあるシンプルなデザイン、襟とラペルの角が「V」字型になっている、適度なウエストシェイプされたデザインが基本です。

 

これらは、洗練された印象とバランスの良いスタイルを提供します。

パンツはストレートカットが無難ですが、体型に合わせてスリムフィットを選ぶこともあります。

 

過度な装飾は避け、シンプルかつ洗練されたデザインを選ぶことが重要です。

体型に合ったサイズ選びやテーラーでの調整により、フィット感を高めることも大切です。

 

色と柄の選択

 

喪服は伝統的に真っ黒が基本です。

生地は光沢を抑えたマットなものを選び、フォーマルな場にふさわしい落ち着いた印象を目指します。

 

黒色は喪の場における敬意と慎みを象徴し、他の色や柄を選ぶことは一般的に適切ではありません。

光沢のある素材や派手な柄は避け、品位と格式を保つためにもシンプルで質の高い黒色の生地を選ぶことが望ましいでしょう。

 

40代50代レディース喪服ハイブランド人気のおすすめ!

第1位 Yukiko Kimijima(ユキコ キミジマ)

 

オートクチュールブランドらしい光沢感のある上質な素材を使用した「Yukiko Kimijima(ユキコ キミジマ)」

スタイルアップを実現するシルエットの美しさにこだわった、上質を知る大人のためのフォーマルウェアーです。

 

ユキコ キミジマの4つのこだわり

  1. エレガントなデザインへのこだわり
  2. シルエットのこだわり
  3. 着心地へのこだわり
  4. 着やすさへのこだわり

 

ユキコ キミジマは、社会的な立場のあるミセスに向けた少しゆとりを持たせたパターンを使用しています。

着映えのする高級素材「レベッカシャイニーハニカム」を使用し上品な光沢感があり、喪服だけではなく卒業式や式典の着用もできます。

 

前ファスナーで1人でも簡単に着替えができるのも嬉しいポイントです。

 

→【WEB限定】「 Yukiko Kimijima ユキコキミジマ」の喪服を見てみる

 

第2位 TOKYO SOIR(東京ソワール)

 

幅広くミセス層へ提案する安心と品質にこだわる老舗の喪服専門店「TOKYO SOIR(東京ソワール)」

日本で初めてのブラックフォーマルコーナーを百貨店の一角に設けるなど常に新しい文化の創造を担ってきました。

 

そんなハイブランドのTOKYO SOIR(東京ソワール)の喪服が、WEB限定商品だと安い価格で購入することができます。

試着チケットもあるので、サイズや素材感など心配な方は、安心して選ぶことができますよ。

 

→【WEB限定】「TOKYO SOIR(東京ソワール)」の喪服を見てみる

 

【ご試着チケット】お洋服全品試着対象 最大2着まで 5日間自宅にてゆっくりご試着頂けます 

 

第3位 Mary coco(メアリーココ)

 

創業45年!セレブを魅了する日本製高級ファーマルブランドの「Mary coco(メアリーココ)」

永年にわたって培ってきた日本のプレタ工場の技術力は世界最高レベルです。

 

その中でも厳選された国内工場と取り組み細部にこだわった素晴らしい縫製を生み出しています。

 

Mary coco(メアリーココ)おすすめポイント

  1. フリル立ち襟で華やかに
  2. 立体縫製で究極の美ジャケット
  3. 襟元に合わせたシャープなボタンデザイン
  4. 前開きファスナーで着替えもラクラク

 

Mary coco(メアリーココ)の喪服を見てみる 

 

第4位 桂 由美

 

着る人を美しく引き立てるこだわりのシルエットの「桂由美」の喪服。

知性と女性らしさが溶け合う喪服は、シーンや季節に合わせて自由な着こなしが楽しめます。

 

丸みのある襟デザインが素敵なブラックフォーマルは、どこか落ち着いた雰囲気を感じられ、40代におすすめ。

表面の織り柄も少なく、しっとり柔らかい生地はフォーマルブラックにふさわしい深い黒になります。

 

  →桂由美のブラックフォーマルを見てみる

 

第5位 花井 幸子

 

上質な黒で気品をまとう、洗練されたデザインの「花井幸子」の喪服

丸みのあるジャケットは、女性らしい丸みを帯びてきちんと感を持ちつつ、エレガントで気品のあるデザインです。

 

黒が並ぶシーンでも、深めのフォーマルブラックが高級感を引き立てます。

フェイクアンサンブルのワンピースは、夏には1枚でもセットアップ風に上品な着こなしに。

 

 花井幸子ブランド  喪服アンサンブルスーツを見てみる

 

喪服のマナー メイク・アクセサリー・髪型はどうすればよい?

喪服のメイクマナー

 

メイクに関しては、目立つような派手な仕上がりは避け、自然な印象を重視するのが望ましいとされています。

アイシャドウやチークの色は控えめであり、口紅も自然な色合いでマットな仕上がりのものを選ぶことが適切です。

 

ただし、完全にノーメイクではなく、適度なメイクを行うことが失礼を避けるために重要です。

 

喪服のアクセサリーマナー

 

基本的には小ぶりの真珠のネックレスを選ぶことが望ましいです。

2連や3連のネックレスは「不幸が重なる」と考えられるため、必ず1連のものを選びましょう。

 

結婚指輪以外のアクセサリーは、喪服の着用時には外しておくことが適切です。

控えめなスタイルを保つため、華やかな装飾品や派手なアクセサリーは避けましょう。

 

喪服の髪型マナー

 

髪型には厳格な規定はありませんが、長い髪の場合は、ご焼香の際に邪魔にならないように耳より下の位置でまとめましょう。

髪を高い位置でまとめると、派手な印象を与える可能性があるため、注意が必要です。

 

髪をまとめる際には、シンプルで装飾の少ないゴムやバレッタを使うことが適切です。

メイクやアクセサリー、髪型は喪失への敬意と品位を示すために選び、主役は故人であることを忘れずに慎ましく装いましょう。

 

 

まとめ

 

40代50代レディース喪服のハイブランドはどこで買うのか?選び方や人気のおすすめを紹介してまいりました。

 

40代50代女性は、喪服であってもセンスよく着こなしたいと思っている人も少なくないはずです。

女性の喪服・礼服を専門で取り扱っている通販サイトを見ると、デザインのバリエーションも豊富。

 

また、店舗ではなかなか置いていない、小さいサイズや大きいサイズも揃っているのが嬉しいですよね。

サイズやデザインで迷ったときでも「お家で試着サービス」がある店舗もあるので失敗せずに選べます。

 

ネット通販は、24時間いつでもアクセスできるので、仕事でなかなか店舗に普段行けない人でも手軽に注文できるのも魅力。

必要なときは突然訪れるもの、いざとなったときに適当に選んで失敗しないよう「備えあれば憂いなし」で準備しておくと安心ですね。

 

 \お香典返しも忘れずチェック!

 

喪服の関連記事はこちら

40代50代センスのいい喪服の選び方!おしゃれな人気ブランドおすすめ!喪服は、敬意を表す大切な場での服装なので、慎重に選びたいものです。 特に50代の女性は、年齢に合った落ち着いたデザインで品格を保ちつつ、自分のスタイルに合ったものを選びたいですよね。...
おしゃれな喪服の女性芸能人は?50代は誰?非常識なお葬式の服装は?50代の女性は、多くの場面での経験と知識を持ち、自分らしいスタイルを確立しています。 しかし、喪の場においては、そのスタイルを維持しつつも、伝統的なマナーやエチケットを守ることが求められますよね。...

https://nipponbudokan.jp/you-can-buy-mourning-clothes-at-uniqlo/

60代の喪服の選び方!センスのいい喪服レディースランキング!年齢を重ねると、体型もころころと変わってくるので、40代50代に着用できた喪服も入らなくなることもよくあります。 60代ともなると、参列する葬儀の数も増えてきます。 年齢を重ねた今だからこそ、喪服を上品にセンスよく着こなしたいものですよね...
安い喪服は恥ずかしい?バレる?安くて良いレディース喪服おすすめ!喪服は、故人を偲び、敬意を表す重要アイテムです。 しかし、安い喪服は恥ずかしいのではないかと気になるのではないでしょうか。...