60代ファッション

60代センスのいい喪服の選び方!東京ソワールなどランキングをご紹介!

 

「60代のセンスのいい喪服の選び方や60代にふさわしい喪服のランキングが知りたいな」

 

年齢を重ねると、体型もころころと変わってくるので、40代50代に着用できた喪服も入らなくなることもよくあります。

60代ともなると、参列する葬儀の数も増えてきます。

 

年齢を重ねた今だからこそ、喪服を上品にセンスよく着こなしたいものですよね。

  • 60代センスのいい喪服の選び方は?
  • 60代センスのいい喪服ランキングは?
  • 東京ソワールの60代の喪服はどんなの?

 

など、60代のセンスのいい喪服について知りたいことが多いはず。

そういうわけで今回は、センスのいい喪服60代の選び方と夏用や大きいサイズの喪服もご紹介いたします。

 

60代センスのいい喪服の選び方!

 

60代にふさわしいセンスのいい喪服の選び方とは、どういったところに気を付ければいいのでしょうか?

60代にふさわしいセンスのいい喪服の選び方は、「品格」のある装いかどうか、が重要になってきます。

 

デザインだけでなく、品質も年齢に合わせてランクアップすると、居心地の悪い思いをしなくても済むはずです。

60代にもなると、女性として年を重ねた経験や魅力が醸し出される頃、自然と周りの目線も厳しくなりますよね。

 

なので喪服は、ライフステージに合わせて見直すことをおすすめします。

60代のセンスのいい喪服の選び方は、「素材」「デザイン」「着やすさ」のある装いを加味するのがポイント。

 

では、それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう!

 

上質な素材

 

「喪服」特有の上質な素材を品良く着こなせるのも、多くの経験と共に年齢を重ねてきた60代だからこそです。

喪服の色はどれも黒ですが、深い黒と言われる漆黒に近い黒ほど凛とした品が感じられます。

 

葬儀に参列すると他の人との「黒」の違いが目立ってしまう事もよくあります。

特に、昼間で外だと黒色の違いがすごく目立ってしまうもの。

 

深い黒や漆黒色の喪服を着ていると、きちんと感がありとても品のある印象になります。

 

上品に体型カバーできるデザイン

 

60代になると、どうしても体のラインが気になってくるという方も少なくないと思います。

そこで、お腹周り、腰回りを上手くカバーするのが、「吊りワンピース」。

 

ブラウスとスカートが合体した様なデザインで、7分袖丈が多いので夏も着用できる安心感があります

また、60代の特徴として首からデコルテ部分も華奢になってきますよね。

 

襟元がスタンドになっているタイプやフリル衿なら、顔周りを華やかにしてくれるでしょう。

スカートは、椅子に座ったときに膝が出ない長めの丈を選びます。

 

着やすさ

 

素材やデザインで喪服を選んでも、着心地がいまいちだと長時間着用する60代には辛いですよね。

どんなに素材やデザインが良くても、後ろファスナーはだんだんと着づらくなってきます。

 

なので、前開きファスナーの仕様だと着脱のストレスを軽減してくれて楽ちんです。

前にファスナーがある前開きタイプの喪服は、人の助けを借りなくても着脱できるので60代向けのレディース喪服として人気が高いデザインです。

 

60代の服どこで買う?何を着ていいかわからない時のおすすめ!

 

60代センスのいい喪服ランキング!

第1位 東京ソワール

 

品質にこだわる老舗の喪服専門店「TOKYO SOIR(東京ソワール)」

日本で初めてのブラックフォーマルコーナーを百貨店の一角に設けるなど常に新しい文化の創造を担ってきました。

 

中でも、東京ソワールのユキコキミジマの喪服は60代女性の品格ある装いを叶えてくれるブランドです。

 

ユキコキミジマの4つのポイント

  1. 襟元はスタンドカラーになっており首元をさりげなくカバー
  2. ウエスト位置を高めに取り、サイドのみ切替でスタイルアップ脚長効果
  3. 上品な光沢感がある高級素材「レベッカシャイニーハニカム」使用
  4. 前開きファスナー

 

そんなTOKYO SOIR(東京ソワール)の喪服が、WEB限定商品だと安い価格で購入することができます。

試着チケットもあるので、サイズや素材感など心配な方は、安心して選ぶことができますよ。

 

東京ソワール購入者の口コミ

11号のフォーマルがきつくなり、試着させてもらって13号を購入しました。
違うデザインの15号の物も送ってもらい試着チケットを使わせてもらいました。
この13号は本当にぴったりで、それなりにゆとりもあり細見えします。
実際着てみないとわからないものだなーと実感しました。                                                                     

 

【WEB限定商品 】東京ソワール喪服(ユキコキミジマ)を見てみる

 

【ご試着チケット】お洋服全品試着対象 最大2着まで 5日間自宅にてゆっくりご試着頂けます

 

第2位 Mary coco(メアリーココ)

 

創業45年!セレブを魅了する日本製高級ファーマルブランドの「Mary coco(メアリーココ)」

永年にわたって培ってきた日本のプレタ工場の技術力は世界最高レベルです。

 

その中でも厳選された国内工場と取り組み細部にこだわった素晴らしい縫製を生み出しています。

 

Mary coco(メアリーココ)おすすめポイント

  1. フリル立ち襟で華やかに
  2. 立体縫製で究極の美ジャケット
  3. 襟元に合わせたシャープなボタンデザイン
  4. 前開きファスナーで着替えもラクラク

 

Mary coco(メアリーココ)購入者の口コミ

かなり迷って試着500円を購入し、9号と11号の2着送ってもらいました。
結果は9号で驚くほどぴったり…いつもは下半身に合わせると上着がガバガバなのに、そんなこともなく。このシステムがあって良かったです。
以前購入した1万円台の喪服と並べると、断然生地や黒の美しさが違いました。
親を送る年齢には、このフォーマル感がちょうど良い気がしています。

 

Mary coco(メアリーココ)の喪服を見てみる

 

試着サービス利用チケット【ご自宅で喪服の試着が可能!返送時の送料不要!】 

 

第3位 ANGRLICA(アンジェリカ)

 

凛とした大人の女性のための喪服「ANGRLICA(アンジェリカ)」

艶やかで深い漆黒へこだわり特殊濃染加工を施すことにより一段と深みがある黒生地を使用しています。

しわになりにくく、着席時でも膝が隠れる安心のミモレ丈です。

ワンピースは右胸前から腰までの長めの前面ファスナーで着脱がとても簡単。

 

七分袖なのでワンピース単品で夏使用にもおススメです。

 

ANGRLICA(アンジェリカ)購入者の口コミ

値段のわりに生地もしっかりしており、色もフォーマルな場にふさわしい濃い黒でした。
前開きのワンピースは着脱が楽でとても良いです。
ジャケットのデザインのシンプルなものは探すと意外に少なく、年齢を重ねても着られそうなデザインのこちらを購入できて大変満足です。

 

ANGRLICA(アンジェリカ)の喪服を見てみる

 

まとめ

 

60代センスのいい喪服の選び方や東京ソワールなどランキングをご紹介してきました。

60代にふさわしいセンスのいい喪服の選び方は、「品格」のある装いかどうか、が重要になってきます。

 

60代のセンスのいい喪服の選び方のポイントは以下の3つです。

60代のセンスのいい喪服の選び方のポイント

  1. 上質な素材
  2. 上品に体型カバーできるデザイン
  3. 着やすさ

 

60代ともなると、参列する葬儀の数も増えてきます。

「喪服」特有の上質な素材を品良く着こなせるのも、多くの経験と共に年齢を重ねてきた60代だからこそ。

 

デザインだけでなく、品質も年齢に合わせてランクアップすると、女性として年を重ねた経験や魅力が醸し出されることでしょう。

60代のセンスのいい喪服選びのお役に立つことができれば幸いです。