年を重ねても綺麗な女性

40代50代若く見える女性の特徴!おばさんに見える人と見えない人の違いとは?

アラフィフ主婦
アラフィフ主婦
40代50代で若く見える人と老けて見える人の違いって何だろう?

 

40代でも20代ぐらいに若く見える人がいる一方で、年齢以上に老けて見えてしまう女性もいますよね。

この違いは一体どこにあるのでしょうか。

 

そういうわけで今回は「若く見える女性の特徴!おばさんに見える人と見えない人の違いとは?」についてご紹介してまいります。

せっかくのあなたの魅力が台無しにならないよう、違いを知って「老け見え」とおさらばしてくださいね。

若く見える女性の特徴!綺麗なおばさんはどんな人?

行動力がある

 

仕事も遊びもアクティブにこなす女性を見ると若々しい印象を持ちますよね。

若く見える人は年齢の劣等感がなくて自然体。年齢に縛られないからこそ若く見えます。

 

毎日をポジティブに、自分らしく生きるために、心のくもりはできるだけ晴らしていくことは重要です。

自分で自分に「なかなかいいぞ」「悪くないぞ」と思えるだけで、大きなパワーが充電されます。

 

それが、前向きな思考や行動になったり、ここぞというときにしっかりと実力を発揮できたり、踏ん張らなきゃならないときの強い追い風になってくれることもあります。

 

潤いとハリのある髪

 

顔がどんなに綺麗でも、髪の毛がパサついていたり、痛みが激しかったりしたら、実年齢よりも老けて見えます。

髪型は全体の印象を左右する重要なポイント。

 

40代50代でも若く見える人って髪の毛がきれいで、潤っていてハリがあります。

サロンにこまめに通ってもいいですが、自宅でトリートメントやヘアパックを定期的にするだけでも、パサつきや痛みを防げます。

 

髪のメンテナンスは、40代50代でも若く見える、おばさん見えない女性になるためには、欠かせない最重要ポイントです。

 

40代50代綺麗な人の特徴とは?どんどん綺麗な女性になる方法!

 

マンネリ化しない

 

外見の若さに加えて考え方や心のもち方といった精神的な要素も、内面からにじみ出る若さに大きく影響します。

 

もしかしたらずいぶん前に「私には赤は似合わない」「私がこんな高価な化粧品を使っても意味がない」などと、勝手にセルフイメージを決めつけていませんか?

そして、ずっと同じような色やデザインの化粧品や服装ばかりを選んでしまっているかもしれません。

 

時代や年齢が変われば、似合う色もファッションも変わってきます。

ほどよくトレンドを取り入れた、年齢にあった落ち着いたファッションを意識するのがコツです。

 

ちょっぴり明るめのトレンドカラーをさりげなく取り入れて、ナチュラルな若さをアピールしてみてください。

さらに、ロングスカートやパンツと合わせれば、エレガントな魅力がアップするはず。

 

肌がきれいで血色がいい

 

吹き出ものがあったり、乾燥していたり、血色が悪い顔というのは老けて見られやすいでしょう。

40代50代で若く見える人は肌がキレイです。無理に隠そうとするのではなく、素肌感を大切にしています。

 

年を重ねるごとに美しい肌でいるために必要なのは、共に時を重ねる肌への愛と効果的なスキンケア。

年齢に抗う苦しいケアやメイクではなく、自分らしくあるために必要のないエイジングサインは、しっかりケアをしていきましょう!

 

ためしてガッテンで紹介!ニベア青缶でシミ消える?取れる?顔のシミを消す方法7選!

おばさんに見える人と見えない人の違いとは?

おばさんはしっかり厚塗りメイク

 

コテコテしっかり厚塗りメイクをしている40代50代女性は老けて見えます。

アラフィフになるとどうしても肌の悩みが出てきます。

 

ただそれを隠すためにファンデやコンシーラーを厚塗りしてしまうと一気に老けておば見えしてしまうもの。

若い頃に流行ったメイクを今でもそのまましている女性も、時代についていけてない感じでおば見えします。

 

ためしてガッテンの顔のシミを消す方法!シミ取りクリームって?お金をかけずにシミを消す方法!

 

おばさんは新しいことが苦手

 

新しいことが苦手で好奇心がない人は老けておば見えします。

若いときほどの体力や気力はないのに、なまじ人生経験が豊富で先のことがある程度予測できる40代50代。

 

アラフィフになって新しいことに挑戦するのが怖くなるのはわからなくもありません。

しかし、これまでに培った固定観念で生きていれば思考停止してしまいます。その結果、時代の変化に追いつけなくなる可能性も。

 

おばさんはネガティブ発言が多い

 

「疲れた」「しんどい」とかネガティブな言葉をすぐに使う人は老けておば見えします。

本当に疲れていてもう限界って時に助けを求めるのはアリですが、口癖のように頻繁に聞かされては、こっちまで老けちゃいそうです。

 

また、それなりに年齢を重ねると、「おばさんだから」と年齢を自虐する発言をしてしまいがち。

ですが、周囲は「そうですね」ともいえず反応に困るので、言わぬが吉です。

 

おばさんは年齢に合った服装をしていない

 

おばさんって年齢にあった服装をしていないことが多いんです。

「かわいいし、今年の流行だし、サイズ的にも入っちゃうし」と20代が着るようなカジュアルな服を着ても若々しくはみえません。

 

無理して若さをアピールしている女性は、逆に老けて見えてしまいます。

 

50代洋服どこで買う?大人可愛いプチプラファッションブランド!

 

40代なのに20代に見える女性はどんなことをしているの?

 

バイキングmoreの番組内で「40代なのに20代に見える女性はモーニングルーティンでどんなことしてる?」という特集がありました。

番組の中で皮膚科医の先生が、「朝活」は規則正しい生活につながり、健康や若々しさにつながると指摘されました。

 

アラフィフ主婦
アラフィフ主婦
朝活ってどんなことをいうの?
朝活とは

朝の時間に活動することをいいます。自分の趣味やスキルアップのために、仕事や学校に行く前の時間を有効利用し、生活を充実させることが朝活の目的。そのため、朝起きてから「なにをしようかな」と考えるのではなく、前日の夜から「明日はこれをしよう」と決めておくといったモチベーションに違いがあります。

 

そこで、番組ではインスタグラムで探した「40代なのに20代に見える女性」3人が紹介されました。

 

  1. 雑誌「美ST」モデル 43歳 Aさん
  2. インフルエンサー40歳主婦 Bさん

 

【「美ST」モデル43歳 Aさんのモーニングルーティーン】

 

「健康でないと美は作れない、シンプルに最低限のことだけする触らない美容が好き」という「美ST」モデルAさん。

専業主婦から第5回「美魔女コンテスト」ファイナリストになったのをきっかけにスカウトされました。

 

Aさんは、モデル歴5年。結婚して15歳のお子さんがいます。

【インフルエンサー40歳 主婦Bさんのモーニングルーティーン】

 

 

 

 

「40代なのに20代に見える女性」3人のモーニングルーティーンには4つの共通点がありました。

 

 

22時から2時の間は「お肌のゴールデンタイム」と言われ その時間に就寝すると成長ホルモンが分泌されやすいそうです。

 

 

 

 

40代50代若作りで痛いおばさんとは?膝丈スカートは似合わない?

 

脱老け見えおばさん!あなたのパーソナルテイストを診断しませんか?

パーソナルテイスト診断https://event.rakuten.co.jp/fashion/personal-taste

 

「いつまでも若々しく見られたい」

「明るい色、柄物が好きだけど、若作りにならないかな...」

「40代50代になって何を着たらいいのかわからない」

そんな悩みを持っている人にイチオシしたいのが、パーソナルテイスト診断」。

 

「パーソナルテイスト診断」とは

顔・骨格・パーソナルカラーの特徴から、最も魅力が引き立つファッションテイストを診断するもの。

 

それぞれのタイプによって似合いやすいデザインや素材、シルエットなどがわかるので、洋服を選ぶ際に大きな指針となります。

 

早速、「パーソナルテイスト診断であなたが何タイプかをチェック!

 

まとめ

 

「40代50代若く見える女性の5つの特徴!おばさんに見える人と見えない人の違いとは?」をお伝えしてまいりました。

見た目年齢が若いと、おばさん感は一気になくなります。

 

無理に若作りしたり、年齢を気にして年下の女性に対抗意識を燃やしたりすると、逆に老けて見えます。

おばさんに見える人見えない人の違いは「自然体で年齢を重ねているかどうか」ではないでしょうか。

 

ちょっとした意識を大切にして、いつまでも若々しい大人の女性を一緒に目指していきましょうね。